[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PFP王者カネロが4団体統一の快挙 11回TKOで報酬45億円、21戦無敗プラントを撃破

ボクシングの世界スーパーミドル級(76.2キロ以下)4団体王座統一戦12回戦が6日(日本時間7日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、カネロことWBAスーパー&WBC&WBO王者サウル・アルバレス(メキシコ)がIBF王者カレブ・プラント(米国)に11回TKO勝ちした。史上7人目となる4団体統一を達成。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でトップに君臨する世界最強ボクサーが快挙を成し遂げた。

4団体統一し、試合後に歓喜するサウル・アルバレス【写真:AP】
4団体統一し、試合後に歓喜するサウル・アルバレス【写真:AP】

世界スーパーミドル級4団体王座統一戦

 ボクシングの世界スーパーミドル級(76.2キロ以下)4団体王座統一戦12回戦が6日(日本時間7日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、カネロことWBAスーパー&WBC&WBO王者サウル・アルバレス(メキシコ)がIBF王者カレブ・プラント(米国)に11回TKO勝ちした。史上7人目となる4団体統一を達成。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でトップに君臨する世界最強ボクサーが快挙を成し遂げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 満員の1万6586人が熱狂した。初回、身長173センチのカネロは自身より12センチ上回るプラントに対し、ガードを固めながら前に出て圧力をかけていった。相手のガードの上から左ボディー、左フックを披露。3回、左ジャブをかい潜りながら徐々に攻勢を強めていった。しかし、プラントも細かくパンチを返しながら上体を動かし、まともに受けることはなかった。

 6回からカネロがペースアップ。アッパーからのワンツーや打ち下ろしの右を当てた。9回も左を軸に攻めると、10回にも左右の拳を打ちつけ、ボディーにダメージを与えていった。守勢に回るプラント。11回、仕留めにかかるカネロは左フックから右アッパーを叩き込み、ついにダウンを奪った。再開後に猛ラッシュ。フラフラのプラントに強烈なパンチを浴びせ続け、2度目のダウンを奪って勝ち切った。

 ボクシングにはWBA、WBC、IBF、WBOの主要4団体が存在する。長い歴史で4団体統一を果たしたのは、5月にスーパーライト級を統一したジョシュ・テイラー(英国)に続き、カネロが7人目となった。5月にWBO王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)に8回終了TKO勝ちし、3団体を統一していた。しかも、4階級で世界王者になっている。

 ボクシング界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けした「PFP」では、長く1位に君臨。3位のWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)の上にランク付けされている。

 プラントは2014年5月のプロデビューから22戦目で初黒星となった。米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するダン・ラファエル記者によると、今回のファイトマネーは両者計5000万ドル(約56億7000万円)。カネロが4000万ドル(約45億3600万円)、プラントが1000万ドル(約11億3400万円)を得られるビッグマッチだと報じられていた。

【主要4団体統一を果たした選手】()内は国名と階級
バーナード・ホプキンス(米国・ミドル級)
ジャーメイン・テイラー(米国・ミドル級)
テレンス・クロフォード(米国・スーパーライト級)
オレクサンドル・ウシク(ウクライナ・クルーザー級)
テオフィモ・ロペス(米国・ライト級)
ジョシュ・テイラー(英国・スーパーライト級)
サウル・アルバレス(メキシコ・スーパーミドル級)

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集