[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロングスローから劇的同点弾 相洋、“セットプレーの脅威”再び…夏冬全国に王手

第100回全国高校サッカー選手権の神奈川県大会は、6日にニッパツ三ツ沢球技場で準決勝が行われ、第2試合は相洋が延長戦の末に3-2で三浦学苑を破って決勝進出を果たした。相洋は夏の全国高校総体(インターハイ)で初めて全国大会に出場。県大会で7得点中6得点をセットプレー絡みで奪ったが、冬もこの武器は健在だ。この日の3得点のうち2得点は、ロングスローでゴール前に押し込んだところから生まれたものだった。

ロングスローの流れから先制点を奪い喜ぶ相洋の選手たち【写真:平野貴也】
ロングスローの流れから先制点を奪い喜ぶ相洋の選手たち【写真:平野貴也】

相洋が三浦学苑に3-2で勝利、高校サッカー選手権神奈川県大会で決勝進出

 第100回全国高校サッカー選手権の神奈川県大会は、6日にニッパツ三ツ沢球技場で準決勝が行われ、第2試合は相洋が延長戦の末に3-2で三浦学苑を破って決勝進出を果たした。相洋は夏の全国高校総体(インターハイ)で初めて全国大会に出場。県大会で7得点中6得点をセットプレー絡みで奪ったが、冬もこの武器は健在だ。この日の3得点のうち2得点は、ロングスローでゴール前に押し込んだところから生まれたものだった。

 1点目は、先制点。技巧派が揃う三浦学苑に押し込まれる展開だったが、前半37分にMF杉本颯太(3年)のロングスローから、相手のクリアボールをMF工藤瑠太(3年)がダイレクトボレーでゴールに叩き込んだ。スローインよりも高度なシュートを褒めるべき場面だが、スローインを取れば点が取れるという共通認識が、試合の終盤に生きた。

 試合はその後、三浦学苑に2点を奪われ逆転されてしまう。ところが最後の最後、後半アディショナルタイムに右サイドのスローインを得た。もちろん、投げるのは杉本。ターゲットとなったのは、長身FW進藤翼(2年)だが、ほかに2人がそれぞれ別方向から落下点へ飛び込んだ。密集地帯で進藤が触れたボールは、ファーサイドへ流れる。MF松澤好輝(2年)が折り返しのパスを送ると、相手がクリアしきれずに宙に上げたボールを、MF吉田優希(3年)が体勢を崩しながらもヘディング。意地でゴール方向へ飛ばしたボールを進藤が競り、バウンドしたボールをFW佐藤天真(2年)が体軸を回転させながら技ありのボレーでシュート。これを相手がクリアしきれずにゴールとなり、プレーが再開する前に後半が終了。土壇場で追いついた。

 主将を務めるDF後藤康介(3年)が「本当に諦めない気持ちが前面に出たゴール」と話した劇的な一撃。決めた佐藤は「ロングスローの練習は、たくさんしてきた。あの形をいつも狙いながら、自分が絶対に決めてやろうという気持ちを込めて蹴った」と手応えを示した。ロングスローから4人が執念で触ってネットを揺らした一発は、軌道への対応、こぼれ球への反応といった準備があって実現したものだ。後半ラストプレーで追いついた相洋は、勢いを生かして延長前半に松澤が加点。再逆転に成功し、激戦を制した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集