[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、マクドネル挑戦に“11秒KO男”テテ陣営がっかり!? 「正直、驚いた」

井上尚弥、マクドネル挑戦に“11秒KO男”テテ陣営がっかり!? 「正直、驚いた」

プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、WBA同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。かねてから井上との対戦を希望していたWBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ共和国)は「彼もまだ僕に扉を開けてくれていると信じているよ」と残念がっている。米専門メディアが報じている。

井上尚弥、ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】
井上尚弥、ゾラニ・テテ【写真:Getty Images】

井上は5月にWBA王座に挑戦、かねてから対戦を希望していたテテ陣営は「正直驚いた」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、WBA同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。かねてから井上との対戦を希望していたWBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)は「彼もまだ僕に扉を開けてくれていると信じているよ」と残念がっている。米専門メディアが報じている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ゾラニ・テテが対戦を回避したナオヤ・イノウエに訴えを述べる」と見出しをつけて特集を組んでいる。

 テテは昨年11月のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトル戦史上最短となる11秒でKO勝ちを果たし、世界に衝撃を与えていた。陣営はかねてから井上との一戦を希望しており、「このメガファイトが起こせない理由は全くない」とラブコールを送っていた。

 記事によると「今回、日本のスターであるナオヤ・イノウエは、前々からテテとの対戦希望をほのめかしていたのだが、最終的にテテへの挑戦よりも異なる相手とのタイトルマッチを探し求め、対戦決定に至った」とし、井上にとっては大きな心境の変化ではないかと伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー