[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メジャー最強左腕の大谷斬り“魔球”カーブに米ファン熱狂「どうだ、オオタニ」

メジャー最強左腕の大谷斬り“魔球”カーブに米ファン熱狂「どうだ、オオタニ」

米大リーグ・ドジャースのクレイトン・カーショー投手が7日(日本時間8日)、エンゼルスとのオープン戦に登板。大谷翔平投手を見逃し三振に斬った。宝刀カーブで二刀流のバットを沈黙させた瞬間を球団公式ツイッターが公開すると、ド軍ファンを中心に「どうだ、オオタニ」「この国でバッターは大変だぞ」「ウェルカムなおもてなしだ」と熱狂している。

ドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】
ドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】

カーショーが二刀流を見逃し三振…ド軍ファン興奮「ウェルカムなおもてなしだ」

 米大リーグ・ドジャースのクレイトン・カーショー投手が7日(日本時間8日)、エンゼルスとのオープン戦に登板。大谷翔平投手を見逃し三振に斬った。宝刀カーブで二刀流のバットを沈黙させた瞬間を球団公式ツイッターが公開すると、ド軍ファンを中心に「どうだ、オオタニ」「この国でバッターは大変だぞ」「ウェルカムなおもてなしだ」と熱狂している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ファンから「どうだ、オオタニ」の声が飛んだ。これが、メジャー最強左腕たる所以だ。カーショーが日本の誇る二刀流のバットを沈黙させた。

 1-0でリードした3回先頭。迎えたのは大谷だ。カウント2-2と追い込んだ。そして、5球目。振りかぶった両手と右足を高く上げるいつものフォームから、パワーを解き放つように左腕を振った。しかし、豪快な腕の振りとは対照的に繰り出されたのはカーブ。大谷の目線ほどに上がった白球はホームベース手前で急ブレーキがかかったかのように落ち、外角低めいっぱいへ――。

 主審から上がるストライクのコール。ここしかないというコースに決まり、手を出すことができなかった大谷も一瞬、天を仰いだ。一瞬にして熱狂に沸くスタジアム。悔しそうにベンチに引き揚げる背番号17をよそに、マウンドの背番号22は表情ひとつ変えることなく、悠然とした様子で降り注ぐ大歓声を聞いていた。

 ドジャース公式ツイッターは圧巻の瞬間を「ショーストッパー(拍手喝采の名手)」と動画付きで紹介。映像を見ると、捕手のミットが外角低めから動くことなく、ズバッと決まっていることが見て取れる。調整段階の3月上旬から、さすがともいうべきコントロールだろう。目の当たりにしたファンから続々と驚嘆の声が上がっていた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー