[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元日本ハムの203cm右腕、ワールドシリーズでMVP男斬り ファン注目「16年の立役者!」

米大リーグのポストシーズンも最終盤。30日(日本時間31日)にはワールドシリーズ(WS)第4戦が行われ、ブレーブスが3-2でアストロズに勝利。26年ぶりの世界一に王手をかけた。この試合では、日本ハムで2年間プレーしたクリス・マーティン投手も登板。1回1安打無失点で勝利に貢献した。95マイル(約153キロ)の剛球で好打者ホセ・アルトゥーベ内野手から三振を奪ったシーンには、日本のファンも注目していた。

ブレーブスのクリス・マーティン【写真:AP】
ブレーブスのクリス・マーティン【写真:AP】

ブレーブス3番手の投手に日本のファンも注目

 米大リーグのポストシーズンも最終盤。30日(日本時間31日)にはワールドシリーズ(WS)第4戦が行われ、ブレーブスが3-2でアストロズに勝利。26年ぶりの世界一に王手をかけた。この試合では、日本ハムで2年間プレーしたクリス・マーティン投手も登板。1回1安打無失点で勝利に貢献した。95マイル(約153キロ)の剛球で好打者ホセ・アルトゥーベ内野手から三振を奪ったシーンには、日本のファンも注目していた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 大舞台で元日本ハム右腕が力投した。6回から3番手で登板したマーティン。先頭打者を打ち取り、迎えたのは17年リーグMVPのアルトゥーベ。今季31本を放った打者だが、カウント2-2と追い込み、最後は直球勝負。203センチの長身から角度ある球を外角低め、絶妙なコースへ投げおろした。アルトゥーベは手が出ない。見逃し三振を奪い、歓声を浴びた。

 奪三振の映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。米ファンからは「マスタークラス」「アルトゥーベを震わせた」「本当に良い」などとコメントが寄せられた。またツイッター上の日本人ファンからも「マーティンがワールドシリーズで投げてる」「(アルトゥーベと)2人の身長差凄い」「2016年日本ハム優勝の立役者」などと投稿されていた。

 マーティンは2016年から2年間、日本ハムに在籍。計92試合に登板し、16年は防御率1.07、21セーブを記録。大谷翔平らとともに、チームの日本一に貢献した。ブレーブスはこれで3勝1敗。26年ぶりのWS制覇まで、あと1勝としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集