[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 小平奈緒、体調不良での棄権に海外からも労いの声 「チャンピオン、ゆっくり休んで」

小平奈緒、体調不良での棄権に海外からも労いの声 「チャンピオン、ゆっくり休んで」

平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)が4日、中国・長春で行われた世界スプリント選手権に出場。五輪後の初戦だった前日(3日)の500メートルに続き、この日も500メートルでは優勝し、同種目での連勝を27に伸ばしたが、直後の1000メートルは体調不良で棄権した。総合2連覇を逃した小平だが、世界のファンからは労いの言葉が相次いだ。

小平奈緒【写真:Getty Images】
小平奈緒【写真:Getty Images】

小平は500メートルの連勝を27に伸ばすも、1000メートルを棄権し総合2連覇は逃す

 平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)が4日、中国・長春で行われた世界スプリント選手権に出場。五輪後の初戦だった前日(3日)の500メートルに続き、この日も500メートルでは優勝し、同種目での連勝を27に伸ばしたが、直後の1000メートルは体調不良で棄権した。総合2連覇を逃した小平だが、世界のファンからは労いの言葉が相次いだ。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 前日に続いて500メートルを制した小平。しかし体調は万全とは程遠かったのだろう。タイムは37秒23から37秒72に落としていた。そして続く1000メートルのレース前に棄権を申し入れた。

 五輪では1000メートルの銀、そして500メートルで悲願の金メダルを手にした小平。日本選手団の主将という大役を担い、閉会式では旗手も務めた。帰国後も報告会など公式行事をいくつもこなし多忙を極めた。

 そして日本滞在わずか2日足らずで、再び中国入り。疲労がピークに達する中で、ライバルのヨリン・テルモルス(オランダ)らを破る快走を見せたのは金メダリストの意地だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー