[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

首位発進の岩田寛、急遽出場だったと告白 月曜朝に電話「東京駅近くに泊まってたら…」

米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップが21日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で開幕した。単独首位はかつて同ツアーでプレーした40歳の岩田寛。1イーグル、6バーディー、1ボギーの63で7アンダーとし、2位松山英樹らに1打差をつけている。

通算7アンダーで首位発進となった岩田寛【写真:Getty Images】
通算7アンダーで首位発進となった岩田寛【写真:Getty Images】

米男子ツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ開幕

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップが21日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で開幕した。単独首位はかつて同ツアーでプレーした40歳の岩田寛。1イーグル、6バーディー、1ボギーの63で7アンダーとし、2位松山英樹らに1打差をつけている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 想定外の首位スタート。岩田が「異例」のお願いをした。「注目を浴びるようになってしまいましたが、そっとしておいてほしいです。最終日の最後のハーフまでは……。もし、優勝争いをしていたら、お願いします。それまでそっとしておいてください」。もちろん、冗談交じりだが、本人いわく、この場でプレーしていることも「想定外」だったという。

「月曜日の朝、ウェイティングで急遽出場が決まりました。東京駅近くのホテルに泊まっていたら、朝、めちゃくちゃ(電話が)鳴っていたんですよ。心配になるじゃないですか。そうしたら『出場』って。寝ぼけていたので、テンションの低い反応をして準備をしました。(連絡がなければ)仙台に戻ろうと思っていましたが、今は『すごいラッキーだな』と思っています」

 岩田は松山と同じ東北福祉大出身で、同期にはスター選手だった宮里優作がいる。岩田自身は決して目立つ存在ではなかったが、プロ11年目の2014年にツアー初優勝を飾ると、15年秋に米男子ツアーの出場権を獲得。同ツアーの15-16シーズンを戦ったが、シード権を得ることはできなかった。その後、国内ツアーに復帰したものの「またアメリカのツアーに戻りたい」と公言していた。

 そして、「ラッキー」でつかんだ米ツアー大会の出場機会。優勝すれば、シード権も手にすることができるが、プレー内容を問われると、「朝の練習は全然良くなくて、修正したいですし、(ラウンド中も)ずっと変えていました。『ああでもない』『こうでもない』という感じで」と苦笑いで説明した。

 どこまでが本音かは分からないが、まだ第1Rが終わったばかり。「ラッキーを生かして、『米ツアーに戻ろう』とかはまだ考えていない?」と確認されると、岩田は「その通りです」と冷静に返した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集