[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 山中破った“剥奪王者”ネリに相次ぐ批判の声「今や民衆の敵」「恥ずかしい」

山中破った“剥奪王者”ネリに相次ぐ批判の声「今や民衆の敵」「恥ずかしい」

プロボクシングWBC世界バンタム級1位の山中慎介(帝拳)は、計量失敗により同級王座剥奪となったルイス・ネリ(メキシコ)とのリベンジマッチに臨んだが、2回TKO負けを喫した。1度目対戦時のドーピング問題に続き、今回はウエイトオーバーというスキャンダルで勝利を手にした“問題児”に、世界のボクシングファンからは「本当に恥ずかしい」「信頼と責任能力ゼロ」と批判の声が上がっている。

ルイス・ネリ、山中慎介【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ、山中慎介【写真:Getty Images】

計量失敗も勝利後大喜びのネリに批判殺到 「喜びを見るのはイライラする」

 プロボクシングWBC世界バンタム級1位の山中慎介(帝拳)は、計量失敗により同級王座剥奪となったルイス・ネリ(メキシコ)とのリベンジマッチに臨んだが、2回TKO負けを喫した。1度目対戦時のドーピング問題に続き、今回はウエイトオーバーというスキャンダルで勝利を手にした“問題児”に、世界のボクシングファンからは「本当に恥ずかしい」「信頼と責任能力ゼロ」と批判の声が上がっている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 正義の鉄槌は下されなかった。山中の“神の左”は火を吹かず。一方で、前日計量の1回目で55.8キロという1階級上のスーパーバンタム級の規定をも超える体重だったネリは、そのパワーを存分に見せつけた格好になった。

 第2ラウンドで、山中がこの日、4度目のダウンを奪われると、レフェリーは試合を止めた。リング上で山中が治療を受ける中で、大喜びするネリとその陣営。この光景に、ツイッター上では海外のボクシングファンが不快感を露わにしている。

「ルイス・ネリの喜びを見るのは本当にイライラする。彼は不可能を成し遂げたかのように喜んでいる。状況を鑑みれば、かなり可能だったのに」

「これ以上に汚れた2勝はなかなか手にできないだろう。彼らの信頼性と責任能力はゼロのようだ」

「彼は私のお気に入りシンスケ・ヤマナカを2度も倒した。どちらもインチキで、だ」

「ルイス・ネリは今や民衆の敵ナンバーワンに」

「ヤマナカのような一流のチャンピオンにこんなことが起きるなんて。ルイス・ネリは終わっている」

「WBC、頼むから正義を行ってほしい。ルイス・ネリにベルトの挑戦権を与えてはいけない。(ゾラニ・)テテとイノウエの試合を実現させてほしい。ネリは恥辱だ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー