[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナバレッテが3-0判定勝ちV2 壮絶打ち合いで挑戦者は顔ボコボコ…米記者「残忍な戦い」

ボクシングのWBO世界フェザー級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州で開催され、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が挑戦者ジョエト・ゴンザレス(米国)に3-0の判定勝ち。2度目の防衛に成功した。激しい打ち合いでゴンザレスの顔は腫れ、出血も。米記者からは「残忍」「素晴らしい戦いだった」などと称賛が寄せられている。

エマヌエル・ナバレッテ(左)は3-0で判定勝ちし、2度目の防衛に成功した【写真:Getty Images】
エマヌエル・ナバレッテ(左)は3-0で判定勝ちし、2度目の防衛に成功した【写真:Getty Images】

WBO世界フェザー級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界フェザー級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州で開催され、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が挑戦者ジョエト・ゴンザレス(米国)に3-0の判定勝ち。2度目の防衛に成功した。激しい打ち合いでゴンザレスの顔は腫れ、出血も。米記者からは「残忍」「素晴らしい戦いだった」などと称賛が寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 KO決着こそならなかったものの、両者は激しく打ち合った。ゴンザレスの右目の下は切れて出血。腫れの大きさも激闘の凄まじさを物語っている。判定は118-110、116-112、116-112の3-0でナバレッテが勝利。V2に成功した。

 この戦いについて、米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者は自身のツイッターで「残忍な戦い。エマヌエル・ナバレッテがジョエ・ゴンザレスに冷酷な一撃を見舞う」「今年最高の戦いの一つ」などと称賛を送った。また米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するダン・ラファエル記者も「ナバレッテはWBOフェザーウェイト級タイトルを保持。素晴らしい戦いだった」と速報ツイートした。

 ナバレッテは2018年12月にWBO世界スーパーバンタム級王座を奪取。2020年2月には王座奪取から1年2か月で5度目の防衛に成功した。減量苦もあり、フェザー級転向を見据えて同年7月に王座返上。10月に2階級制覇を達成し、今年4月には初防衛に成功していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集