[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

得点帳消しでレイズファン怒り PS死闘で“不運な二塁打”が注目「ばかげた判定だ」

米大リーグは10日(日本時間11日)、ア・リーグの地区シリーズがフェンウェイ・パークで行われ、レッドソックスがクリスチャン・バスケス捕手のサヨナラ2ランでレイズに勝利。延長13回の死闘をものにした。敗れたレイズだが、表の攻撃での出来事にファンは怒りを隠せないようだ。チーム公式が実際の映像を公開すると、「ばかげた判定」「生還させるべき」などと書き込まれている。

レイズ・キーアマイヤーの打球がフェンスに直撃し、跳ね返りが外野手に当たり、そのままグラウンド外へ。エンタイトルツーベースと判定され注目を浴びている【写真:AP】
レイズ・キーアマイヤーの打球がフェンスに直撃し、跳ね返りが外野手に当たり、そのままグラウンド外へ。エンタイトルツーベースと判定され注目を浴びている【写真:AP】

延長13回、得点できなかったレイズはサヨナラ負け

 米大リーグは10日(日本時間11日)、ア・リーグの地区シリーズがフェンウェイ・パークで行われ、レッドソックスがクリスチャン・バスケス捕手のサヨナラ2ランでレイズに勝利。延長13回の死闘をものにした。敗れたレイズだが、表の攻撃での出来事にファンは怒りを隠せないようだ。チーム公式が実際の映像を公開すると、「ばかげた判定」「生還させるべき」などと書き込まれている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 跳ね返りが違えば、間違いなく1点勝ち越していた。延長13回、レイズは2死一塁からキーアマイヤーが右中間へ強烈な一撃を放った。ボールはフェンスに直撃。スタートを切っていた一走ディアスが得点かと思われたが、跳ね返ったボールがレッドソックスの右翼手レンフローの体に当たり、低い柵を越えてグラウンド外へ出てしまった。

 これがエンタイトルツーベースと判定され、ホームインしていたディアスは三塁に戻されることに。レンフローの体に当たっていなければ1点リードとなっていただけに、打ったキーアマイヤーもガックリ。レイズベンチも納得いっていない様子だった。結局、後続が倒れてレイズは無得点。この裏にサヨナラ負けを喫した。

 実際の映像をレイズ公式ツイッターが公開。米スポーツ専門局「ESPN」の名物コラムニスト、ジェフ・パッサン記者は「インプレー中のボールが選手に当たり、それがフェンスを越え、二塁打になったが、これはどのルールを基にジャッジされたことなのか未だに調べている状況。これによってレッドソックスはどれくらいの恩恵を受けたのか、それは信じられないほどだ」などとツイッターにつづった。

 点が入っていれば状況も変わっていたかもしれないだけに、レイズファンからは「スポーツの歴史の中で最もひどい判定」「ルールブックを読め!」「ばかげた判定」「意味分からん」「走者は生還させるべきだ」「????」などと怒りの声があがっていた。6-4で勝利したレッドソックスはこれで2勝1敗とし、リーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集