[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、スイング改造の異論に反骨心「ああじゃ、こうじゃ言う人を見返したいと」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフで粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。渋野は会見では、勝てなかった間の心境などを振り返った。

プレーオフを制し、1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた渋野日向子【写真:Getty Images】
プレーオフを制し、1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディス、渋野日向子一問一答<2>

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフで粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。渋野は会見では、勝てなかった間の心境などを振り返った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

――この2年間、一番きつかった時は。

「アメリカに行っている時、前の所属先だったRSK山陽放送の桑田(茂)社長が亡くなられたのを母から聞いて、そこからすごく自分に腹が立ちました。高校の時から応援してくれたのに、何で自分はこんなに情けないんだろうと思いました。本当に自分にむかついた日々でした。あれをきかっけに『前を向いてもっと頑張ろう』と思い、またゴルフに対してやる気が出ました」

――桑田社長からの言葉で思い出すのは。

「私が調子悪くても、『思うようにやればいい』と言ってくれたことです。そして、どんな時にも笑顔で迎えてくれました。桑田社長がいなかったら、今の私はいないです」

――(トップを低くしてフラットに振る)スイング改造について(ネット上などでも)いろいろ言われましたね。

「嫌でも耳に入ってきてしまうのですが、『この新しいスイングで勝った時に、ああじゃ、こうじゃ言っちょった人を見返してやりたい』という気持ちも、頭の片隅に置きながらやってきました」

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集