[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子にPOで惜敗 ピン直撃の不運も、アマ佐藤心結は“充実”の涙「やりきった」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われた。首位スタートの佐藤心結(みゆ・明秀学園日立高3年)は通算10アンダーで終え、渋野日向子(サントリー)ら4人とのプレーオフに突入。しかし、3人に絞られた2ホール目でバーディーを逃し、史上8人目のアマチュアでのツアー優勝を果たせず2位に終わった。渋野が国内ツアー通算5勝目。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

佐藤心結(右)と優勝した渋野日向子【写真:Getty Images】
佐藤心結(右)と優勝した渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われた。首位スタートの佐藤心結(みゆ・明秀学園日立高3年)は通算10アンダーで終え、渋野日向子(サントリー)ら4人とのプレーオフに突入。しかし、3人に絞られた2ホール目でバーディーを逃し、史上8人目のアマチュアでのツアー優勝を果たせず2位に終わった。渋野が国内ツアー通算5勝目。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 18番パー5でのプレーオフ2ホール目。パーで終えた佐藤は、渋野のバーディーを見届けると目を潤ませた。キャディーを務めた三觜喜一(みつはし・よしかず)コーチから、ポンと背中をたたかれて励まされたが、ポロポロと涙をこぼし、両膝に手をついた。

「悔し涙です。でも、終わった後にスクールの先輩たちや家族が『よく頑張った』と言ってくれて、自分でも『頑張って良かったな』とも思いました。その感情も含めて、また涙が出てきました」

 不運な第3打だった。渋野、ペ・ソンウがピン左2メートルにつけた後、佐藤は残り90ヤードから50度のウェッジを打ち込んだ。「自分の中では完璧なショット」で、描いたイメージはバックスピンでバーディーチャンスだった。しかし、ボールはピンに直撃。その勢いで7メートル以上、戻ってしまった。

「でも、その後はバーディーパットに集中しようと思いました。外れてしまったのは、仕方がないと思います。3日間アンダーで回れて、二桁アンダーにしたことは自信になりました。渋野さんをはじめ、有名なプロの方々で上手でしたし、一緒に戦って2位になれてやりきった感もあります」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集