[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京で謝罪された米選手、失った左足にまつわる友情エピに感激の声「素晴らしい話だ」

東京パラリンピックのトライアスロン女子に出場したメリッサ・ストックウェル(米国)が、自身のインスタグラムで心温まるエピソードを伝えている。かつて米陸軍に所属し、イラクで爆弾により左足を失ったが、選手村で同国の選手から気遣われ、その後に友情が芽生えたという。コメント欄には「素晴らしい話」などと書き込まれている。

東京パラリンピック・トライアスロン女子に出場したメリッサ・ストックウェル【写真:Getty Images】
東京パラリンピック・トライアスロン女子に出場したメリッサ・ストックウェル【写真:Getty Images】

米選手が左足を失った地・イラクの選手から謝罪されたことを明かす

 東京パラリンピックのトライアスロン女子に出場したメリッサ・ストックウェル(米国)が、自身のインスタグラムで心温まるエピソードを伝えている。かつて米陸軍に所属し、イラクで爆弾により左足を失ったが、選手村で同国の選手から気遣われ、その後に友情が芽生えたという。コメント欄には「素晴らしい話」などと書き込まれている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 ストックウェルはかつて母国の陸軍で活動していたが、イラク戦争で派遣されたバグダッドにおいて、沿道の爆弾が爆発したことにより左足を失った過去を持つ。東京パラリンピックにおいてはトライアスロン女子PTS2で5位入賞。選手村では、何物にも代えがたい思い出を手にしたようだ。

 インスタグラムに画像として投稿された長文によると、ストックウェルは食堂でイラクの陸上選手と交流。ともに食事をすることになった。イラク選手の名前は明かされていないが、ストックウェルのインスタグラムの投稿をスクロールしている途中、その選手が写真の左足を指さし「イラク?」と尋ね、さらに「ごめんなさい」と謝罪してきたという。

 謝ってもらう必要はないと考えていたストックウェル。イラク選手に「イラクに友人はいる?」と問われ「あなた」と回答。両者ともに笑顔になったという。

 ストックウェルは「私たちはピンバッジを交換することはできませんでしたが、それ以上に大きな意味のあることをしました。パラリンピックは真の意味で世界を一つにするのです」ともつづっている。コメント欄には「素晴らしい話だ」「美しいお話」「この話をシェアしてくれてありがとう」「最高だ」などと書き込まれている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集