[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、殿堂入りの“MLB最高捕手”が受けたい投手No.1指名「スプリット捕手目線で見たい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季打者として45本塁打を記録するだけではなく、投手でもチームのエースとして活躍。9勝2敗、防御率3.18、156奪三振を記録している。捕手としてはMLB歴代最高の2427試合に出場し、米野球殿堂入りを果たした名選手、イバン・ロドリゲス氏は“受けたい投手No.1”に大谷を指名。「どんな変化か捕手目線で見たい」などと語っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ゴールドグラブ13度のイバン・ロドリゲス氏が絶賛

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季打者として45本塁打を記録するだけではなく、投手でもチームのエースとして活躍。9勝2敗、防御率3.18、156奪三振を記録している。捕手としてはMLB歴代最高の2427試合に出場し、米野球殿堂入りを果たした名選手、イバン・ロドリゲス氏は“受けたい投手No.1”に大谷を指名。「どんな変化か捕手目線で見たい」などと語っている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は、自身のツイッターにロドリゲス氏へのインタビュー映像を公開。ベン氏から、受けてみたい現役投手を問われたロドリゲス氏は「ショウヘイ・オオタニだね。どんな球なのか見てみたい。TVや観客席からファン目線から見て、彼のスプリットのような球は自分の時代では見たことない。92マイル(約148キロ)なんて。どのように変化をするのか、捕手目線で見てみたい」と語った。

 ロドリゲス氏は1991年にメジャーデビュー後、2012年4月に引退するまでに2543試合に出場。うち捕手としては歴代最高の2427試合に出場した。通算の盗塁阻止率は.457と驚異的な数字を誇り、ゴールドグラブ賞は13度獲得。打撃でも通算打率.296、311本塁打、1332打点を記録。シーズンMVPに1度、シルバースラッガー賞に7度も輝いており、米国の野球殿堂入りを果たしている。メジャー史上最高の捕手との呼び声も高い。

 大谷の今年の活躍について、ロドリゲス氏は「彼はスペシャルだ。彼がやっていることは考えもつかない。昨季はトミー・ジョン手術の影響であんまりプレー出来なかったけど、今季彼は健康で、信じられないようなプレーをしている。見るのが楽しくて仕方がない」と絶賛。投打のみならず「彼のスピードについても話さなければいけないよね。彼は本当に速い」と走力も褒め称え、「彼はMLBのスーパースターで、みんなが健康を維持してほしいと願っている」とも語った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集