[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「今季No.1プレー」を選出 大谷劇場に興奮の米解説者「これは究極の瞬間」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、5打数2安打2盗塁で7-2の勝利に貢献した。今季MVP最有力候補の二刀流に対し、ジョー・マドン監督が今季の「お気に入りの瞬間」を選出。解説者もそれに乗じ“2発+サヨナラホームインの衝撃”をピックアップした。米地元局の公式ツイッターが大谷のプレー動画付きで指揮官らのコメントを紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ホセ・モタ氏が“2発+サヨナラホームインの衝撃”を選出

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、5打数2安打2盗塁で7-2の勝利に貢献した。今季MVP最有力候補の二刀流に対し、ジョー・マドン監督が今季の「お気に入りの瞬間」を選出。解説者もそれに乗じ“2発+サヨナラホームインの衝撃”をピックアップした。米地元局の公式ツイッターが大谷のプレー動画付きで指揮官らのコメントを紹介している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 マドン監督は、今季の大谷のお気に入りシーンについて、渡米後初の投打同時出場を果たした4月4日(同5日)のホワイトソックス戦をピックアップ。投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測し、5回途中2安打3失点。打っては137mの特大2号弾をマークする大活躍を「特大弾を放ち、良いピッチングをしたことで全てのバリアが破られた」と評した。

 これに、米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の解説者ホセ・モタ氏も反応。7月2日(同3日)のオリオールズ戦を「技術と才能が示された夜」として選出した。大谷は、この試合で29号と30号をマーク。9回には俊足をいかしてサヨナラのホームイン。圧巻の大谷劇場を見せつけた。

 モタ氏は「ホームに滑り込んでスピンし、チームメイトと喜びを分かち合った。個人的に、これは究極の瞬間。彼のもたらすエナジーや興奮が見られた」と興奮気味に振り返っていた。また、同局解説者マーク・グビザ氏は5月16日(同17日)のレッドソックス戦で放った、右翼ポールを巻くようにスタンドインした12号を選出していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集