[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ザギトワ、金メダル後にメドベと“涙の抱擁” 世界が感動「親友。何が起きようと」

ザギトワ、金メダル後にメドベと“涙の抱擁” 世界が感動「親友。何が起きようと」

平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。涙を流した同門の2人はメダル確定後、抱擁を交わした。米メディアはその瞬間を「親友。たとえ、何が起きようと」と画像付きで速報すると、海外ファンに感動が広がっている。

金メダルのアリーナ・ザギトワ、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
金メダルのアリーナ・ザギトワ、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

1.31点差、同門の2人がリンクサイドで抱擁…ファン反響「美しき2人の女王」

 平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。涙を流した同門の2人はメダル確定後、抱擁を交わした。米メディアはその瞬間を「親友。たとえ、何が起きようと」と画像付きで速報すると、海外ファンに感動が広がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 互いの努力を誰よりも知っている。だから、生まれた抱擁だった。すべてを出し切ったロシアの2人は抱き合い、健闘を称え合った。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」公式ツイッターは1枚の画像を掲載。リンクサイドで衣装のまま、銀メダルを獲得したメドベージェワと金メダルのザギトワが至福の表情を浮かべて抱き合い、歓喜を共有している様子だった。

 投稿では「親友。たとえ、何が起きようと」とつづり、関係性を表現している。同じロシアのトゥトベリーゼコーチの下で厳しい練習の日々を過ごし、実力を磨き合ってきた。そんな2人が金・銀を独占し、生まれた瞬間。海外ファンも「史上最高の2人が同じ時代に生まれた」「2人のスペクタクルなドラマは、始まったばかりだ」「美しき2人の女王」と感動の声を上げていた。

 得点差は1.31点差。得点が出た瞬間、メドベージェワは思わず、涙を溢した。大本命と言われた五輪シーズン、最大の目標で頂点に届かなかった悔しさもあっただろう。そして、ザギトワは自身の金メダルが決まると、笑みを浮かべた後でこみ上げてくるものを堪えきれず、目元を押さえた。互いに異なる感情がありながら、2人は顔を合わせると抱き合った。

 異次元の頂上決戦を繰り広げた2人。フィギュア史に残るドラマを演じた後に生まれた“美しき抱擁”も語り継がれる名シーンとなるだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー