[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • プルシェンコ、“後輩”ザギトワ&メドベを祝福「新時代の幕開けを誇りに思う」

プルシェンコ、“後輩”ザギトワ&メドベを祝福「新時代の幕開けを誇りに思う」

平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。同門の2人が果たした金・銀独占の快挙に対し、ロシアの英雄エフゲニー・プルシェンコ氏は「新時代の幕開けを誇りに思う」と祝福している。

銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ、金メダルのアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ、金メダルのアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

同門2人の金、銀独占の快挙にお祝いメッセージ「偉大なる一騎打ちだった」

 平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。同門の2人が果たした金・銀独占の快挙に対し、ロシアの英雄エフゲニー・プルシェンコ氏は「新時代の幕開けを誇りに思う」と祝福している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 プルシェンコ氏は激闘からほどなくしてインスタグラムを更新。「偉大なる一騎打ちだった」と評した上で、こうつづっている。

「アリーナ・ザギトワとジェーニャ・メドベージェワ。2人の光り輝く女神たちは国にザギトワから金、ジェーニャから銀をもたらした。2人の差はボール1つ分に過ぎないほど、わずかのものだった。そして、2人と他の選手には壮大な差があった。新時代の幕開けを誇りに思う。ザギトワ、ジェーニャ、そして他の選手たちも、よくやった!」

 さらに「そして、これも言わせてくれ。コーチングスタッフ、ブラボー!」と締めくくった。

 SPではメドベージェワが出した世界最高得点を3番後のザギトワが塗り替えるという異次元の決戦を繰り広げ、フリーもほぼ完ぺきな演技を披露した。得点差は1.31点。得点が出た瞬間、メドベージェワは思わず、涙を溢した。ザギトワは笑みを浮かべた後で目元を押さえた。金と銀とメダルの色は分かれたが、2人は顔を合わせると抱き合い、健闘を称え、感動を呼んだ。

 個人、団体合わせて2つの金メダルを獲得したロシアの英雄にとっても、母国の後輩の快挙は格別な想いがあったようだ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー