[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ザギトワ、OAR初の金メダル! 史上最高決戦は涙の決着 女王メドベは1.31点差で銀

ザギトワ、OAR初の金メダル! 史上最高決戦は涙の決着 女王メドベは1.31点差で銀

平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が156.65点をマークし、世界歴代2位となる合計239.57点。金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。ともに涙の頂上決戦となった。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が銅メダル。宮原知子(関大)は4位、坂本花織(シスメックス)は6位だった。

金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

フィギュアスケート女子フリー

 平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が156.65点をマークし、世界歴代2位となる合計239.57点。金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。ともに涙の頂上決戦となった。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が銅メダル。宮原知子(関大)は4位、坂本花織(シスメックス)は6位だった。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 まず、魅せたのは、22番手で登場したザギトワ。トレードマークの赤いチュチュをまとい、華麗に銀盤を舞った。前半はいつものようにステップ、スピンを優雅に見せ、後半に固めたジャンプの最初は連続ジャンプが単発になったが、その後に3回転ルッツを連続ジャンプに変え、取り戻す対応力を見せた。滑り終えると、右手で会心のガッツポーズ。喝采が降り注いだ。

 ザギトワは今季、シニアデビューした15歳。GPシリーズ、ファイナル、ロシア選手権を含め、全勝街道をひた走り、欧州選手権では同門の先輩、世界女王メドベージェワに2年ぶりに土をつけ、初の五輪に臨んでいた。

 団体戦ではフリーで世界歴代2位の高得点をマークし、銀メダル獲得に貢献すると、21日のSPでは82.92点をマーク。3番前に登場したメドベージェワが叩き出した世界記録を20分後に塗り替える快挙で、世界に衝撃を与えていた。

 最終滑走で登場した世界女王メドベージェワも負けていなかった。前半から3回転ルッツを着氷し、持ち前の表現力で会場を魅了。後半も3回転サルコー―3回転トーループなど、ミスなく演技をまとめ、演じ切った。すべてを出し切る演技に、熱狂が渦巻くリンクで思わず涙がこぼれた。

 今季はGPシリーズを連勝したが、11月に右足甲の骨折が判明。大会目前に2か月戦列を離れた。1月の復帰初戦となった欧州選手権ではザギトワの後塵を拝したが、今大会の団体戦SPでは自身の世界最高得点を塗り替え、完全復活をアピール。フリーも自己ベストを記録し、SP2位でフリーに臨んでいた。

 異次元のハイレベルな争いとなった女子の頂上決戦。五輪に相応しい、史上最高の戦いとなった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー