[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 31歳コストナー、消えない“4度目の闘志”「でも、心と魂をかける。私は生きている」

31歳コストナー、消えない“4度目の闘志”「でも、心と魂をかける。私は生きている」

平昌五輪は21日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、4度目の出場となった31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)は73.15点で6位となった。ソチ大会の銅に続く、2大会連続メダルを目指すベテランは「でも、心と魂をかける。私は生きている」と巻き返しへ向け、意気込んだという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えている。

カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】
カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

2大会連続メダルへSP6位発進も…4度目の五輪で目指す“勝利よりも大事なもの”

 平昌五輪は21日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、4度目の出場となった31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)は73.15点で6位となった。ソチ大会の銅に続く、2大会連続メダルを目指すベテランは「でも、心と魂をかける。私は生きている」と巻き返しへ向け、意気込んだという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 4度目の五輪となるベテランの闘志は、少しも消えていない。

 コストナーはSPで73.18点をマークしたが、自己ベスト連発の上位陣において6位発進となった。2大会連続のメダルをかけ、78.87点で3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)を追いかけることになる。記事では得点差は大きいと指摘し、その間にも日本の宮原知子が4位、坂本花織が5位と躍動し、食い込んだことの影響も挙げている。

 しかし、本人は「調子はいい」「試合は長い」と語ったという。金メダル争いはSP1位の15歳アリーナ・ザギトワ、2位の18歳エフゲニア・メドベージェワのOAR勢の争いが有力。ただ、コストナーには19歳で初出場したトリノ大会以来、出続けてきた五輪にかける想いがある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー