[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 坂本に逆転メダルも? 気負いなく自然体 宮原は「3Lz-3T」成功…公式練習レポート

坂本に逆転メダルも? 気負いなく自然体 宮原は「3Lz-3T」成功…公式練習レポート

平昌五輪のフィギュアスケート女子フリーは23日、百花繚乱の美しきスケーターたちが自慢のプログラムを披露し合い、五輪メダル獲得に向けて競い合いを繰り広げる。運命の日を迎える前日の22日、メインリンクでは公式練習が行われた。

宮原知子、坂本花織【写真:Getty Images】
宮原知子、坂本花織【写真:Getty Images】

女子フリー前日練習、金メダル争いのザギトワ&メドベは万全

 平昌五輪のフィギュアスケート女子フリーは23日、百花繚乱の美しきスケーターたちが自慢のプログラムを披露し合い、五輪メダル獲得に向けて競い合いを繰り広げる。運命の日を迎える前日の22日、メインリンクでは公式練習が行われた。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 最終グループに残った6人は21日のショートプログラム(SP)で全員が70点台以上をマーク。そのうちのトップ2人のロシア出身の五輪選手(OAR)として出場している15歳のアリーナ・ザギトワと18歳のエフゲニア・メドベージェワは80点台をたたき出した。演技順で先に滑ったメドベージェワは自身が持っていた歴代世界最高得点を更新する81.61点を出した20分後、同門の妹分であるザギトワが歴代世界最高得点を塗り替える82.92点をマークしてみせた。

 驚異的な高得点をそれぞれが出し合い、金メダル争いの行方はザギトワとメドベージェワがに絞られたと言っても過言ではないだろう。2人の点差はわずか1.31点。この日の公式練習をみるかぎりでは、どちらもおそらくほぼジャンプの失敗はしないはずだ。なぜなら、まったく隙がなく、安定感抜群のジャンプを両者ともバンバン跳んでいた。

 世界選手権2連覇中のメドベージェワは、ジャンプ構成で勝るザギトワに負けじと、3回転フリップ―3回転ループの高難度連続ジャンプを跳んでいたほか、3回転の3連続ジャンプや圧倒的なジャンプ技術を練習からジャッジに猛アピールしていた。曲かけのときは3回転ループをのぞく、4本の3回転ジャンプに3回転トーループをつけて連続ジャンプを跳んでみせた。昨年11月に発症した右足中足骨の骨折から1月の欧州選手権で復帰した世界女王は、表現力に磨きを増してきているようで、SP2位からの逆転金メダルに向けて気合のこもった練習をしていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー