[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドーピング騒動渦中のバルデスが防衛成功に悪びれず「俺は尊敬されない人間じゃない」

ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチは10日(日本時間11日)、米アリゾナ州で行われ、王者のオスカル・バルデス(メキシコ)がリオデジャネイロ五輪ライト級金メダリストのロブソン・コンセイサン(ブラジル)に3-0の判定勝ちで防衛に成功した。8月末に禁止薬物の陽性反応が出ながら試合は開催され、物議を醸した試合を制したバルデスは「勝ったのは我々だ。勝って次に進むんだ」と悪びれずに語った。

3-0の判定勝ちで防衛に成功したオスカル・バルデス【写真:Getty Images】
3-0の判定勝ちで防衛に成功したオスカル・バルデス【写真:Getty Images】

物議を醸した試合に3-0判定勝ち、敗れたコンセイサンは笑い止まらず

 ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチは10日(日本時間11日)、米アリゾナ州で行われ、王者のオスカル・バルデス(メキシコ)がリオデジャネイロ五輪ライト級金メダリストのロブソン・コンセイサン(ブラジル)に3-0の判定勝ちで防衛に成功した。8月末に禁止薬物の陽性反応が出ながら試合は開催され、物議を醸した試合を制したバルデスは「勝ったのは我々だ。勝って次に進むんだ」と悪びれずに語った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 批判に晒される中で行われた一戦は判定決着となった。接戦に見えたが、一人は117-110の採点もついて、バルデスの3-0判定勝ち。バルデスのドーピング騒動への皮肉か、判定への不満か、コンセイサンは笑いが止まらず、試合後は陣営に抱えられ、肩車に乗って王者のように振る舞った。

 そんな中で勝利インタビューを受けたバルデスは、試合前に批判があったことを受け「俺は尊敬してもらえないような人間じゃない。勝ったのは我々だ。勝って次に進むんだ。俺の顔に憎まれごとをぶつけてもしょうがない」と悪びれる様子はなし。ファンに向けて「KOできずに申し訳なかった。次はビッグファイトで勝つよ!」と威勢良く宣言したが、次戦以降については「まだ分からないね」と話すにとどめた。

 バルデスは8月に行われた抜き打ちドーピング検査で禁止薬物フェンテルミンの陽性反応が出たが、WBCは制裁金を科したものの、試合は認可。批判を浴びていた。五輪経験のある両者はかつて対戦経験があり、当時は敗れたコンセイサンがリベンジを狙っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集