[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷潤人、リングを血に染めた4回TKO初防衛 米メディア称賛「一撃の重さは明らかだ」

ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦は10日(日本時間11日)、米アリゾナ州で行われ、王者の中谷潤人(M・T)がアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を4回TKOで下し、初防衛に成功した。22戦全勝(17KO)。

中谷潤人(右)がアンヘル・アコスタを4回TKOで下し、初防衛に成功した【写真:Getty Images】
中谷潤人(右)がアンヘル・アコスタを4回TKOで下し、初防衛に成功した【写真:Getty Images】

アコスタの鼻血が止まらずレフェリーストップ

 ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦は10日(日本時間11日)、米アリゾナ州で行われ、王者の中谷潤人(M・T)がアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を4回TKOで下し、初防衛に成功した。22戦全勝(17KO)。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米国のリングで中谷が初防衛を達成した。1回から左ストレートを主体に積極的に攻めると、顔面でもろに受けたアコスタが鼻血を出した。出血が止まらず、4回途中にレフェリーストップ。試合後のリングには無数の血の痕が残っていた。

 米興行大手「トップランク」公式ツイッターは「ジュント・ナカタニの強烈な左でアコスタは鼻から出血」とし、鼻血のきっかけとなった強烈な左ストレートの瞬間をレポートした。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ジュント・ナカタニは鼻から血が出たアンヘル・アコスタを倒した」との見出しでレポート。2回途中にアコスタがリングドクターの確認を受けながら、続行となった試合展開に触れた。

 その上で「ナカタニは初回の中盤に左を着弾させて、アコスタのバランスを崩した。残り40秒の右でアコスタはよろめいた。その時点でナカタニの一撃は重いということが明らかだった」とダメージを与えた中谷の破壊力を称えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集