[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベ&ザギトワ、美しき“世界新合戦”に米賛辞「二大巨塔の芸術性VSジャンプ」

メドベ&ザギトワ、美しき“世界新合戦”に米賛辞「二大巨塔の芸術性VSジャンプ」

平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録の81.61点をわずか20分後に更新し、首位に立った。金メダル候補2人の異次元の争いに対し、海外メディアは「ロシアの二大巨塔による『芸術性』VS『ジャンプ』」と報じている。

アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

20分間に2度飛び出した世界新記録…米メディア「ロシアの二大巨塔による争い」

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録の81.61点をわずか20分後に更新し、首位に立った。金メダル候補2人の異次元の争いに対し、海外メディアは「ロシアの二大巨塔による『芸術性』VS『ジャンプ』」と報じている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさに世界最高決戦に相応しい。異次元の争いを演じたのは、ロシアの2人だった。25番手で登場したメドベージェワはジャンプをすべて完璧に着氷。81.61点をマークし、団体戦で記録した世界記録をわずか10日で更新したかと思えば、その20分後、28番手で登場したザギトワがこちらもノーミスの演技で82.92点をマーク。同門の先輩の世界記録をあっという間に更新してみせた。

 海外メディアも空前のハイレベルな争いを称賛している。米紙「ワシントン・ポスト」は「女子フィギュアはロシアの二大巨塔による『芸術性』VS『ジャンプ』」は見出しを打って特集した。

 記事ではメドベージェワについて「人々を虜にする流儀、指先まで音楽が響き渡る感覚。それは稀有な存在だ」と表現し、今大会も圧倒すると予想されたと言及。「しかし、彼女は以前から誰よりもよくわかっていた。新たなライバルが現れていることを。なぜなら、同じリンクでトレーニングをしている相棒だからだ」と同門の後輩ザギトワの存在を紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー