[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚愕ホームスチールに米メディア称賛「表現に言葉足りない」「著しい活躍」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。2打数無安打だったが、2つの重盗を決めるなど2得点2盗塁でチームの6-4の勝利に貢献した。5回には自身初のホームスチールに成功。米メディアは記事で衝撃を伝えるとともに、「凄さを表現するのに言葉も時間も足らない」「著しい活躍をしてくれる」などと称賛している。

5回2死一、三塁の場面でホームスチールを決めた大谷翔平【写真:Getty Images】
5回2死一、三塁の場面でホームスチールを決めた大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤンキース戦で決めたホームスチールが米国でも話題に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。2打数無安打だったが、2つの重盗を決めるなど2得点2盗塁でチームの6-4の勝利に貢献した。5回には自身初のホームスチールに成功。米メディアは記事で衝撃を伝えるとともに、「凄さを表現するのに言葉も時間も足らない」「著しい活躍をしてくれる」などと称賛している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 打たなくても、投げなくても、大谷には足がある。まずは4回。四球で出塁すると、二塁走者のフレッチャーと重盗。これを決めてMLB通算50盗塁に乗せると、観客を驚かせたのは5回2死一、三塁の場面だ。大谷は三塁走者。ディレード気味にスタートした一塁走者ゴスリンを捕手が刺そうと送球した間に、本塁を狙った。

 素早いスライディングと同時に、タッチに来た捕手の脇から左手を入れるようにベースに触れる。間一髪セーフ。投手でありながら、ホームスチールを決めて見せた。両手を広げた大谷に、観客はどよめいた。

 この日の活躍に、米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「エンゼルスのショウヘイ・オオタニがヤンキース戦でホームを盗む」との見出しで記事を掲載。「オオタニは豪快な投球や本塁打を毎晩見せなかったとしても、著しい活躍をしてくれる」と称賛を記した。

 また、カブス専門メディア「ブリーチャーネーション」も記事を掲載。MLBの記事はカブス絡みのものであることが多い同メディアだが、「ショウヘイ・オオタニが本盗を決めた」との見出しで全く関係ない大谷に脚光。「ショウヘイ・オオタニの凄さを表現するのに言葉も時間も足らない」「彼はユニコーンであり、彼のプレーを見られる私たちは本当に幸せだ」と驚きをつづった。

 同メディアのアビー・マストラッコ記者は、この日の球場の様子について「スタントンのユニホームを着た男性が、オオタニが打席に入る時に『M-V-P』コールをしている。私はこんな光景を見たことがない」と異様な状況であったことを紹介。今季の盗塁数を22とした大谷。足で作った“劇場”が、米国でも話題となっている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集