[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の見逃し三振は「疑惑の判定」 驚くファンに球団OBも反応「何度か見たこと」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。メジャー最多を走る42号ソロを放つなど、4打数1安打1打点だった。初回の打席は見逃し三振となったが、厳しい判定にエンゼルスOBの解説者も反応。実際の映像には米ファンからも「疑惑のストライク判定」などと反響が寄せられていた。

ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場した大谷翔平【写真:Getty Images】
ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場した大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤンキース戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。メジャー最多を走る42号ソロを放つなど、4打数1安打1打点だった。初回の打席は見逃し三振となったが、ボール球に見える最後の投球にエンゼルスOBの解説者も反応。実際の映像には米ファンからも「疑惑のストライク判定」などと反響が寄せられていた。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 厳しい判定だった。初回の第1打席。大谷はフルカウントから外角の球を見逃した。ボールは画面に表示されたストライクゾーンの外側を通過。大谷は四球を確信して一塁へ歩き出そうとしたが、球審はストライクをコール。見逃し三振になってしまった。大谷は少し驚いたような表情も見せ、ベンチへ戻っていった。

 実際の映像を米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターが公開。米国のエンゼルスファンからは「ストライクじゃない。議論にもならない」「絶対ボール」「疑惑のストライク判定」「審判がオオタニから三振を奪った」などと反響が寄せられていた。

 MLB通算132勝を記録しているエンゼルスOBで、現在は米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の解説を務めるマーク・グビザ氏はファンの疑問に反応。「グビザさん、ボール球がストライクと判定されることは運が悪いだけですか? オオタニによく見られるのですが。ご意見をお聞かせください」との投稿に対し「オオタニがゾーン外で見逃し三振になったことを何度か見たことがある。彼はストライクゾーンをよく理解している」と返信していた。

 大谷は3三振を喫しながらも、5回の第3打席では一時勝ち越しとなる42号ソロを放った。チームは8-7で勝利。2連勝としている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集