[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平「ウォーッ!」 投球直撃で苦悶絶叫、米悲鳴続々「やめて、やめて、やめて」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地・パドレス戦で「2番・指名打者」で先発出場。第1打席は三振に終わったが、先発左腕ウェザースが投じたインハイの真っすぐが右手首付近を直撃。大谷は苦悶の表情を浮かべ、場内は大ブーイングとなった。米メディアが実際の場面を動画付きで公開。米ファンからは悲鳴が上がった。

死球を受け、右手を押さえるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
死球を受け、右手を押さえるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

相手の投球が右手首付近を直撃

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地・パドレス戦で「2番・指名打者」で先発出場。第1打席は三振に終わったが、先発左腕ウェザースが投じたインハイの真っすぐが右手首付近を直撃。大谷は苦悶の表情を浮かべ、場内は大ブーイングとなった。米メディアが実際の場面を動画付きで公開。米ファンからは悲鳴が上がった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 ヒヤリとするシーンだった。顔近くに来たボールを大谷はよけきれなかった。スイングにいく途中で右手首付近を直撃。大谷は「ウォーッ!」と声を上げ、苦悶の表情。死球かと思われたシーンに場内は大ブーイングだった。

 場内は騒然とした雰囲気に。結果的には空振りを取られ、三振となったが米ファンからは悲鳴が上がった。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが実際の動画を公開すると、コメント欄には「これだけでもパドレスは負けるべき」「みんながパドレスを嫌う理由はこれだよ」「Not showtime」「NO NO NO」「痛そう。大丈夫だといいのだけど」「やめて、やめて、やめて、お願い」「何ともないことを祈る。これでシーズン終了になることになればとても悲しい。現時点では間違いなくア・リーグのMVPなんだから」「プレーオフ欠場になるかも…ちょっと待って…」などと書き込みが相次いだ。

 幸い大事には至らなかったようで、2打席目以降も打席に立った。31日(日本時間9月1日)には登板を予定しているが、大きな影響が出ないことを祈るばかりだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集