[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳青山華依が11秒57で優勝 重圧の五輪後はお菓子解禁「食べたいだけ食べました」

陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が28日に福井県営陸上競技場で開催され、女子100メートル決勝では、東京五輪女子400メートルリレー日本代表の青山華依(甲南大)が11秒57(向かい風0.4メートル)で優勝した。

アスリートナイトゲームズイン福井・女子100メートル決勝で優勝した青山華依【写真:荒川祐史】
アスリートナイトゲームズイン福井・女子100メートル決勝で優勝した青山華依【写真:荒川祐史】

アスリートナイトゲームズイン福井・女子100メートルで優勝

 陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が28日に福井県営陸上競技場で開催され、女子100メートル決勝では、東京五輪女子400メートルリレー日本代表の青山華依(甲南大)が11秒57(向かい風0.4メートル)で優勝した。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 予選は11秒74の全体1位タイムで通過。決勝でも好スタートを切り、2着だった壹岐あいこ(立命大)を0.01秒差で制した。「ちゃんとスタートが決まって良かった。後半追い上げられたので、一定の速さで走り切ることができればよかった」と、五輪後初レースの収穫と反省をあげた。

 東京五輪の女子400メートルリレーでは1走を走り、予選7着で敗退したが、日本記録に0.05秒と迫る43秒44を記録した。この日の決勝ではともに五輪リレーを戦った齋藤愛美、鶴田玲美とも並んだが「お互いに頑張ると思っていたんですけど、やっぱり戦うのでしっかり気持ちを切り替えて臨みました」と話した。

 26日に19歳になった大学1年生。五輪期間中は重圧を感じており「少し気持ちは軽くなったかなと思う」と正直に明かした。気にして食べないようにしていたお菓子やファーストフードは、五輪を終えて久々に食べた。「ちょっとデカくなっちゃったかなと思ってます。食べたいだけ食べました。今月は食べるという設定だったので、いいです」と苦笑いだった。

 100メートルの当面の目標は、11秒3~4のタイムを出していくこと。次戦は9月の関西学生新人陸上競技選手権。大学入学後、初めて200メートルを走る。「200メートルで痩せるしかない」とおどけながらも「五輪で極めたカーブで前半から行って、後半は落ちないよう保って行きたい。200メートルは23秒台がまだ出ていないし、置いて行かれているのでしっかり追いつきたい」。大舞台の経験を今後につなげていく。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集