[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、登板直後に詰まりながらの180kmミサイル二塁打 米記者仰天「先発投手が…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのブルージェイズ戦に「1番・投手」で出場。初回の第1打席では打球速度112マイル(約180キロ)の左中間二塁打を放った。

第1打席で二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第1打席で二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ブルージェイズ戦に「1番・投手」で先発

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのブルージェイズ戦に「1番・投手」で出場。初回の第1打席では打球速度112マイル(約180キロ)の左中間二塁打を放った。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 詰まりながらでもこんな打球を打てるのだからすさまじい。しかも投げた直後の打席だ。先頭の大谷は追い込まれながらも、ベリオスのやや内寄りの94マイル(約151キロ)をはじき返した。わずかに差し込まれながらも、打球は中堅の左へ。大谷は悠々と二塁へ到達した。

 直前まではマウンドに上がっていた背番号17の一打にツイッター上の米記者は驚いているようだ。「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は「ショウヘイ・オオタニは初回表に三振を奪うなど無失点投球。裏は先頭打者として左中間に二塁打を放った。打球速度は112マイル」と速報。

 MLB公式、米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏も「先発投手のオオタニが先頭打者二塁打!」と驚きを記せば、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「オオタニは112マイルのミサイルを放ち、二塁打を記録した」と驚速の一打を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集