[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦が66年ぶりの五輪連覇 宇野が2位で日本人ワンツー…きょうの結果まとめ

羽生結弦が66年ぶりの五輪連覇 宇野が2位で日本人ワンツー…きょうの結果まとめ

平昌五輪大会第9日が17日行われ、今大会屈指の注目種目、フィギュアスケート男子シングルではショートプログラム(SP)で首位の羽生結弦(ANA)は、フリーでも206.17点をマーク。合計317.85点で、66年ぶりの大会連覇を達成した。

フィギュアスケート男子シングル史上初の日本人ワンツーフィニッシュとなった羽生結弦と宇野昌磨【写真:Getty Images】
フィギュアスケート男子シングル史上初の日本人ワンツーフィニッシュとなった羽生結弦と宇野昌磨【写真:Getty Images】

羽生が五輪史に残る連覇達成、宇野が銀で日本勢のワンツーフィニッシュ

 平昌五輪大会第9日が17日行われ、今大会屈指の注目種目、フィギュアスケート男子シングルではショートプログラム(SP)で首位の羽生結弦(ANA)は、フリーでも206.17点をマーク。合計317.85点で、66年ぶりの大会連覇を達成した。今大会の日本勢金メダル第1号だった。宇野昌磨(トヨタ自動車)が2位で、同種目史上初の日本人ワンツーフィニッシュだった。田中刑事は18位だった。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 カーリング女子は中国に敗れ、1次リーグ初黒星を喫したが、OAR(ロシアからの五輪選手)に勝利し4勝1敗とした。ショートトラック男子1000mでは坂爪亮介が5位入賞を果たした。

 スキージャンプ男子ラージヒル決勝では、予選3位だった小林陵侑が10位。竹内択が22位、小林潤志郎が24位だった。冬季五輪史上最多8度目の出場のレジェンド葛西紀明は1本目で33位に終わり、2本目に進めなかった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー