[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、海になった「プーさん」はどこへ行くのか “その後”に韓国メディア注目

羽生結弦、海になった「プーさん」はどこへ行くのか “その後”に韓国メディア注目

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点で首位発進。演技後に投げ込まれ、発生した“プーさんの海”が海外でも大きな注目を集めていたが、地元・韓国メディアは「プーさんの行方」を特集。地元地域へ寄付されることを紹介している。

66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦【写真:Getty Images】
66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦【写真:Getty Images】

海外も注目した“プーさんの海”現象、ぬいぐるみは地元・江陵市に寄付へ

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点で首位発進。演技後に投げ込まれ、発生した“プーさんの海”が海外でも大きな注目を集めていたが、地元・韓国メディアは「プーさんの行方」を特集。地元地域へ寄付されることを紹介している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 いったい、何個のプーさんが空を舞っただろうか。羽生が滑り終えると、次々と黄色いぬいぐるみが投げ込まれた。瞬く間に銀盤は黄色く染まり、200とも300ともあろうかというプーさんが、リンクに映えた。フラワーガールが懸命に拾い上げ、回収されたが、注目されたのは「プーさんの行方」だった。

「羽生、プレゼントされたくまのプーさんの人形、平昌江陵地域へ寄付」と特集したのは、韓国メディア「SPOTVNEWS」だった。

 記事では「フィギュアスケートのプリンス」と羽生を表現し、3か月の空白を破って完璧な復活を果たしたと紹介。その上で「江陵アイスアリーナを埋め尽くした日本の2000人余りのファン達が羽生の競技が終わると、リンクにくまのプーさんの人形と花束を投げ入れた」と“プーさんの海現象”が発生したことをレポートした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー