[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、地元韓国も“プーさんの洪水現象”に驚き 復活劇は絶賛「幻想的な演技」

羽生結弦、地元韓国も“プーさんの洪水現象”に驚き 復活劇は絶賛「幻想的な演技」

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で完璧な演技を披露し、首位に立った。熱狂に沸いた開催地の韓国メディアは「幻想的な演技」「日本最大のスターである理由を証明した」と脱帽している。

SPで首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】
SPで首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】

開催国の韓国メディアも称賛「日本最大のスターである理由を証明した」

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で完璧な演技を披露し、首位に立った。熱狂に沸いた開催地の韓国メディアは「幻想的な演技」「日本最大のスターである理由を証明した」と脱帽している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 この日、25番目に登場した羽生。右足首の故障からの復活を告げる圧巻の舞いは、韓国メディアも称賛していた。

 地元紙「スポーツ韓国」は「羽生結弦、日本最大スターである理由を証明した」と見出しを打って特集。圧巻の演技について「トリプルアクセルまで完璧に近い形」「最後のジャンプの課題だった4回転トーループから3回転トーループまで成功させた。勢いを見せた」とレポートし、「幻想的な演技」と評していた。

 そして、江陵アイスアリーナで降り注いだ、くまのプーさんのぬいぐるみについても注目。「競技場を埋め尽くす日本のファンたちの歓声が溢れ、演技後には羽生結弦が好きな、くまのプーさんの人形が溢れんばかりに氷上でプレゼントされるという光景が繰り広げられた」と驚きとともに報じていた。

 開催国・韓国でも絶対王者の復活の舞いは大きな話題を呼んでいるようだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー