[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、微妙ストライク判定に疑問の声 米ファン「四球だ」「ゾーンから離れてる」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の判定を巡り、また議論が沸き起こった。2日(日本時間3日)の敵地レンジャーズ戦の初回、カウント3-1から外角への球を見送って歩き出そうとしたが、判定はストライクに。実際のシーンを米アナリストがツイッターに動画付きで投稿。「四球だろ」「ストライクゾーンから十分な距離がある」との声が上がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回の第1打席、外角への速球を見送った大谷は歩き出そうとしたが…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の判定を巡り、また議論が沸き起こった。2日(日本時間3日)の敵地レンジャーズ戦の初回、カウント3-1から外角への球を見送って歩き出そうとしたが、判定はストライクに。実際のシーンを米アナリストがツイッターに動画付きで投稿。「四球だろ」「ストライクゾーンから十分な距離がある」との声が上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 指摘の声が上がったのは、初回の第1打席だ。カウント3-1からの5球目、右腕ダニングが投じた90マイル(約145キロ)の速球は外角へ。しっかりと見送り、外れたと判断した大谷は一塁へ歩き出そうとした。しかし、球審から遅れてストライクのコール。2、3本踏み出していた大谷は驚いたように振り返り、打席へ戻った。

 このシーンをツイッターでクローズアップしたのは、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏。歩き出そうとした大谷に対し、敵地の実況が「キミはいい選手だけど、そこまでいい選手じゃないよ」と厳しく指摘したコメントを紹介した。

 しかし、大谷支持者で知られる同氏の投稿には、米ファンからは「ボールだ」「四球だろ」「ストライクゾーンから十分な距離がある」「このアナウンサーをクビにしろ!」と憤りの声が上がっていた。注目度の高さを表すように、大谷を巡ってはストライク・ボールの判定を巡り、たびたび議論が起こっている。なお、大谷はこの打席、遊直に倒れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集