[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田直樹が旅立った病院の前を今も通る田中隼磨「なぜか違う道を行く気になれない」

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

今も松田直樹さんへの想いを込めたアンダーシャツを着て戦っている田中隼磨【写真:松本山雅FC】
今も松田直樹さんへの想いを込めたアンダーシャツを着て戦っている田中隼磨【写真:松本山雅FC】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」13通目 松本山雅MF田中隼磨

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが命日となる8月4日まで連日、天国の背番号3への想いを明かす。第14回は横浜F・マリノスで6シーズンあまり、ともに戦ったMF田中隼磨。松本山雅で松田さんの背番号3を受け継ぎ、今も「ありがとう 松田直樹」とメッセージが入ったアンダーシャツを着て戦う想いを綴る。(構成=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 マツさんが突然倒れてから10年が経つけど、僕はこの10年を長かったとか短かったとか時間の尺度で考えられません。松本という土地でプロサッカー選手を続けているとピッチ内外において常にマツさんに見られている感覚で、一緒に戦っている気持ちなんです。

 今、マツさんが住んでいた家の近くに住んでいます。毎朝、練習グラウンドに通う時には「マツさんもこの道を車で走っていたのかな」なんて想像して、マツさんの愛車やそのエンジン音を思い出します。それからマツさんが倒れてしまったグラウンドは、僕が小さな頃から試合や練習で使用していた場所なんです。身近な人が身近な場所で倒れてしまうなんて想像もしなかった。

 当時、名古屋グランパスに在籍していた僕はナラさん(楢﨑正剛)と闘莉王、アレックス(三都主アレサンドロ)と一緒に松本へ駆けつけました。あの日のことは昨日のことのように思い出せるし、マツさんが病院で治療を受けていた姿も脳裏に焼き付いている。練習グラウンドに向かう時はあの病院の前を必ず通るんです。あえて違う道を通ることもできるけど、なぜかそれをする気になれない自分がいる。

 松本山雅からオファーをもらった時、クラブから「背番号3をつけてほしい」と打診されました。その意味と重みは十分に分かっていたつもりなので即答できなくて……。マツさんのお母さんとお姉さんに連絡させてもらって、背中を押される形でようやく決心できました。自分の中で覚悟が決まり、マツさんのためにもこのクラブをJ1に昇格させるという使命感に駆られました。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集