[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • コリアが日本から学ぶべき教訓 「合同チームにしたから敗れた」では意味がない

コリアが日本から学ぶべき教訓 「合同チームにしたから敗れた」では意味がない

平昌五輪のアイスホッケー女子1次リーグB組の日本と韓国・北朝鮮合同チーム「コリア」のリーグ最終戦は、4-1で日本が勝利した。日本は五輪3度目の出場で初勝利。一方の「コリア」は1得点を記録したが、リーグ3戦全敗を喫した。今回の日本戦での敗戦について、韓国メディアは冷静に実力の差を認めている。

コリアは1-4で日本に敗戦【写真:Getty Images】
コリアは1-4で日本に敗戦【写真:Getty Images】

日本に完敗…アイホ合同チーム「コリア」、韓国メディア冷静「弁明の余地がない」

 平昌五輪のアイスホッケー女子1次リーグB組の日本と韓国・北朝鮮合同チーム「コリア」のリーグ最終戦は、4-1で日本が勝利した。日本は五輪3度目の出場で初勝利。一方の「コリア」は1得点を記録したが、リーグ3戦全敗を喫した。今回の日本戦での敗戦について、韓国メディアは冷静に実力の差を認めている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 スポーツ紙「スポーツ朝鮮」は「3戦全敗は合同チームが問題ではない」と指摘。「スイス、スウェーデンに続いて日本戦まで弁明の余地がないほどの完敗だった。特に世論は『北朝鮮選手が入ったことで、(敗れたのは)急造チームの影響が大きい』との声が多いが、冷静に見る必要がある。合同チームでなければ、結果は変わっていたのかということだ」と、自国代表選手の実力がまだ世界に追いついていないと伝えた。

 同紙は個人技や戦術面での差の開きを指摘しつつ、「スイスは世界ランキング6位、スウェーデンは世界5位、日本は世界9位だ。日本のアイスホッケーの登録選手は2587人。韓国は319人しかおらず、中学、高校、大学、実業団にチームが一つもない」と、競技人口や環境の違いも、敗北の要因に挙げた。北朝鮮選手が入ったことで、チームプレーにおける変化に戸惑いがあったのは間違いない。ただ、全ての試合で終始押されていたのを見ると、単に「コリア」チームの実力不足だったのは誰が見ても明らかだった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー