[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コリアが日本から学ぶべき教訓 「合同チームにしたから敗れた」では意味がない

初勝利に20年かかった日本から学ぶべき教訓「物事には全て順序がある」

 そうした事実を踏まえ、スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は「女子アイスホッケー、日本も20年かかった五輪初勝利」と見出しを打ち、「同じアジアチームである日本代表の五輪の歴史から、韓国は学ぶべき点がある」と伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 同サイトは「日本は1998年の長野五輪から開催国の資格で出場。5戦5敗、2得点45失点だった。それから16年ぶりに出場した2014年のソチ五輪ではロシア、スウェーデン、ドイツを相手に3戦全敗したが、1得点7失点と力をつけていた。そして、今回の平昌五輪ではスウェーデンに1-2、スイスに1-3で敗れたが、接戦を演じた」と、日本の成長ぶりを報じている。

 そして「物事には全て順序がある」と韓国女子アイスホッケーチームのこれからに期待を込め、締めくくっている。女子アイスホッケーの韓国代表は、これまで日本と7戦して全敗。平昌五輪では韓国・北朝鮮の合同チームで挑み、勝利できなかったが、今大会で学ぶべきことが多い。

「合同チームにしたから敗れた」と敗因を論じるのは、正直意味がない。これから4年後に向けて、どのようにチームを立て直すべきかを、日本が教えてくれている。

(キム・ミョンウ / Myung-wook Kim)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集