[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、膝下ボール球を打った“34号証拠映像”に日米驚き「もう投げる球がない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で先発。9回の第5打席に後半戦1本目となる34号2ランを放つなど、3打数2安打2打点2四球だった。チームは4-7で敗れたが、低めのボール球をすくい上げた一発には驚きの声があがっている。米記者が三塁側から撮影した動画を公開すると、日米のファンからは「投げる球がない」「これをスタンドは難しい」などと反響が寄せられている。

9回、後半戦1本目となる34号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
9回、後半戦1本目となる34号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

後半戦1発目はボール球を捉えた2ランに

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で先発。9回の第5打席に後半戦1本目となる34号2ランを放つなど、3打数2安打2打点2四球だった。チームは4-7で敗れたが、低めのボール球をすくい上げた一発には驚きの声があがっている。米記者が三塁側から撮影した動画を公開すると、日米のファンからは「投げる球がない」「これをスタンドは難しい」などと反響が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 膝より低い球をスタンドインさせた。大谷の34号2ランを、三塁側から撮影した映像。インローのボール球だったが、バットを振り下ろし、すくい上げるように引っ張っている。まるでドライバーショットのようだ。手応え十分の様子で一塁へ向かっている。

 実際の映像を米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニはこの球を419フィート約127.7メートル)飛ばした(笑)」と信じられない様子で文面をつづった。

 米ファンからは「これをスタンドに運ぶのはかなり難しいと思う」「コリン・モリカワのスイングみたいだ」などと反響が寄せられているが、日本のファンも反応しており「投手がかわいそう そんな低い球まで打ったらもう投げる球ありません」「よくこんな低め打ったなぁ」などと驚きの声が書き込まれている。

 メジャートップを走る34号を放った大谷。この日は快足を活かした内野安打も披露。エンゼルスタジアムのファンを沸かせていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集