[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“延長の延長”でソトに敗れる HRダービー初戦「疲れました。楽しかった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター前日に行われるホームランダービーに出場。1回戦ではナショナルズのフアン・ソト外野手に延長戦の末敗れ、初戦敗退となった。終了後のテレビインタビューでは「延長の延長だったので、疲れましたね」と振り返った。

延長戦の末敗れ、初戦敗退となったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
延長戦の末敗れ、初戦敗退となったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ホームランダービー初戦はサドンデスも敗退

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター前日に行われるホームランダービーに出場。1回戦ではナショナルズのフアン・ソト外野手に延長戦の末敗れ、初戦敗退となった。終了後のテレビインタビューでは「延長の延長だったので、疲れましたね」と振り返った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 先攻のソトは22本をマーク。続いて大谷の名前がコールされると、クアーズフィールドは歓声に包まれた。捕手を水原一平通訳が務める中、競技開始。序盤は低いライナー性の打球が続き、なかなか柵越えが生まれない。残り1分20秒で休息を取り、花巻東高校の先輩・菊池雄星(マリナーズ)から水分を受け取った。「疲れた」と口にもしていたが、後半に入り徐々に本領を発揮。計16本を放って1分間のボーナスタイムに突入した。

 ボーナスタイムでは6本を放ち、ソトに並んで1分間の延長戦に。ここも6本ずつで28本と並び、決着がつくまでの3スイングずつを打つ延長戦に入った。ソトは3スイングで3本とも柵越えしたが、大谷は最初のスイングでゴロを放ってしまい、敗退が決定。ソトと抱き合い、健闘を称え合った。

 終了後のテレビインタビューでは「延長の延長だったので、疲れましたね。最後の30秒が凄く長くて、凄い疲れました。(これほど疲れたことは過去に)ないですね。楽しかったです。雰囲気も楽しめているしよかったです」と振り返った。

 明日のオールスターゲームには、「1番・投手」で二刀流出場する。「疲れましたけど、これから休んで明日に備えたい」と意気込み。日本のファンには「勝てなかったですけど、雰囲気だけでも楽しんでもらえたら」とコメントしていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集