[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、捕手カメラで見た155m弾 右翼最上段への一撃に米ファン仰天「宇宙人だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、12日(日本時間13日)のホームランダービーに出場する。打撃練習では、ロッキーズの本拠地クアーズフィールドの右翼席、最上段へ飛距離155メートルの一撃を披露。捕手が装着したカメラの映像をMLBが公開すると、米ファンからは「宇宙人」「とんでもない」などと驚きの声があがっている。

ホームランダービーに出場するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ホームランダービーに出場するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ホームランダービーの練習で衝撃の一発を披露

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、12日(日本時間13日)のホームランダービーに出場する。打撃練習では、ロッキーズの本拠地クアーズフィールドの右翼席、最上段へ飛距離155メートルの一撃を披露。捕手が装着したカメラの映像をMLBが公開すると、米ファンからは「宇宙人」「とんでもない」などと驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 クアーズフィールドがどよめきに包まれた。まずは捕手につけられたカメラでとらえた、大谷のスイング映像だ。思い切り引っ張った打球はあっという間に見えなくなった。一体どこまで飛んだのか……。続けて、打球を追いかけた映像が公開されているが、何と球場右翼席最上段、観客が手を駆けていた柵に直撃していた。近くにいたファンも、驚き笑ってしまっている。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。文面に「ショウヘイ・オオタニのHRダービーへの準備は万端だ」とつづった。米ファンからは「この男はとんでもない」「イッペイカメラだ」「VRみたいだ」「神に届く」「簡単そうに飛ばしている」「宇宙人」「待ちきれない」「44番のオオタニ大好き」などと反響が寄せられている。

 今年亡くなったハンク・アーロン氏に敬意を示し、他の選手と同様に背番号44のユニホームを着用した大谷。1回戦でナショナルズのフアン・ソトと対戦する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集