[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元800m女王が無念の8位 痛めた足で走り抜いた北村夢「優勝を目指して頑張ってきた」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子800メートル決勝では、足を痛めた2017、18年女王の25歳・北村夢(エディオン)が2分15秒50で無念の8位となった。卜部蘭(積水化学)が2分03秒71で優勝。

決勝を懸命に走り抜く北村夢【写真:編集部】
決勝を懸命に走り抜く北村夢【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子800メートル決勝では、足を痛めた2017、18年女王の25歳・北村夢(エディオン)が2分15秒50で無念の8位となった。卜部蘭(積水化学)が2分03秒71で優勝。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 不本意な結果となった。序盤は北村が集団後方に、田中希実(豊田自動織機TC)が最後尾についた。先頭は400メートルを1分2秒で通過。500メートル付近から北村が大きく後退し、集団から引き離された。7位から7秒ほど遅れてフィニッシュ。最後まで力を振り絞って走り抜いたが、レース後は足を引きずり、スタッフに肩を担がれてトラックを後にした。

 北村はコロナ禍の自粛期間中だった昨年、本格的な練習再開後に右ハムストリングを肉離れ。9月初旬までまともな練習ができなかった。10月の日本選手権では調整不足が響き、2分14秒02で予選落ち。レース後はコロナ禍と故障の影響を明かし、調整の難しさを語りながら涙を流していた。

 悔しさをバネに自己ベスト2分0秒92、日本記録2分0秒45、そして五輪参加標準記録1分59秒50を目指し、懸命に努力を重ねてきた。復活Vを狙った今大会。予選は全体5番手の2分7秒45で通過。しかし、決勝は思わぬ結果となった。会見では「今大会は優勝を目指して頑張ってきて、周りの方々にも期待してもらっていたのですが、こういう形で自分の力不足で不甲斐ない結果になってしまって残念な気持ちです」と淡々と振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集