[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は簡単そうに飛ばす 球団OBが驚くゴルファー級飛距離「全て楽々打っている」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地レイズ戦に「1番・DH」で先発出場。3打数1安打1打点だった。25日(同26日)の同戦では初回先頭打者アーチなど、4打数2安打1打点。飛距離453フィート(約138.1メートル)の24号本塁打に、米地元放送局のレポーターは「もの凄く遠くへ、とても簡単そうに飛ばす」などと驚いている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

LA地元局レポーター&球団OBが24号特大弾を回想

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地レイズ戦に「1番・DH」で先発出場。3打数1安打1打点だった。25日(同26日)の同戦では初回先頭打者アーチなど、4打数2安打1打点。飛距離453フィート(約138.1メートル)の24号本塁打に、米地元放送局のレポーターは「もの凄く遠くへ、とても簡単そうに飛ばす」などと驚いている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 初回の第1打席、大谷は右腕キトレッジの90マイル(約145キロ)を豪快に振り抜いた。打った瞬間、それと分かる当たり。右翼手は早々に追いかけるのを諦めた。高々と舞い上がった打球は勢いを保ったまま、右翼席に設置されている巨大看板のさらに上に着弾した。

 米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターでは「オオタニは簡単そうにやってのける」と文面に記して、453フィートの特大弾を振り返っているが、中継の司会を務めたアレックス・カリー氏は「ショウヘイ・オオタニが昨日、24号のモンスターホームランを放ちました。もの凄く遠くへ、とても簡単そうに飛ばしました」と驚きを表現している。

 元エンゼルス外野手のティム・サーモン氏も同調。「ゴルファーのような感じがあります。背の高くてひょろっとした青年が急にフェアウェーに350ヤードかっ飛ばしてしまう感じです」と他競技に例えてその飛距離を称賛。さらに「彼の本塁打は全て楽々と打っていますよね。簡単そうです」と続けていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集