[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

彼は何人抜いたのか 5人、6人、7人…“超ごぼう抜き弾”に驚愕「凄まじい超大作」

6人もあれば、7人と伝えるメディアも…いずれにせよ「凄まじい超大作」

 アルゼンチンのスポーツ局「TNT Sport」は「凄まじく、超大作で、ファンタスティックなスコッコのゴール」と賛辞とともに、動画付きで紹介。決定的瞬間を紹介している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 さらに、別の投稿で「スコッコのゴールの反響が拡大。世界でもスコッコの夜に」と記し、映像で“6人抜き”と伝えた。一方、欧州スポーツ専門メディア「Betclic」スペイン語版ツイッターは「スコッコのゴールはこれだ」と題し、映像で“7人抜き”とレポートし、見解は分かれている。

 5人か、6人か、7人か。映像を見ると、最初に後方からチェックに来て振り切った相手、最後にGKを交わした際にゴール前でカバーに入った相手をカウントするかに判断が分かれているが、いずれにしても母国の英雄マラドーナ、メッシの伝説の“5人抜き”と同等以上のごぼう抜きだったのは言うまでもない。

 リーベル・プレートといえば、2015年にクラブW杯で日本代表FW浅野拓磨(現シュツットガルト)らを擁する広島と対戦したことでも記憶に新しい。そんな南米の雄のドリブラーが決めた独走ゴールは大きな反響を呼んでいる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集