[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山縣亮太、3位で五輪内定も「優勝したかった」 優勝の多田称賛「速くて凄く焦った」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。10秒27で3位に入り、五輪代表を決めた山縣亮太だったがレース後は悔しさを滲ませた。

陸上・日本選手権、男子100メートル決勝で3位に入り、五輪代表を決めた山縣亮太【写真:編集部】
陸上・日本選手権、男子100メートル決勝で3位に入り、五輪代表を決めた山縣亮太【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。10秒27で3位に入り、五輪代表を決めた山縣亮太だったがレース後は悔しさを滲ませた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 レース後、山縣は「本当は優勝したかったです」と悔しさを滲ませながらも、「厳しい戦いになると思っていたが、代表選考会で代表を勝ち取れたこと嬉しく思います。いつも通り平常心を保ってレースを運ぶことを心がけていたが、緊張しました。(五輪本番では)今年は自己ベストも出していいてごたえつかんでいる。しっかり自己記録を更新して決勝に進みたいと思います」と続けた。

 またオンライン上でのインタビューでも「気持ちが空回りして固いレースになったかなと反省しています」と振り返った山縣。3大会連続100メートルでの五輪出場は史上初の快挙だと聞くと、「それに関しては凄い嬉しい。優勝して代表決めたかったので、この悔しさは本番にぶつけたいと思います」と話した。また優勝した多田については「凄く速くて焦りました」と拍手を送っていた。

 今大会は6日に9秒95の日本新記録を樹立した山縣、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン、自己ベスト9秒98の桐生と小池、同10秒01の多田が決勝進出。自己ベスト9秒台が4人出場し、史上最もハイレベルな五輪代表争いとなった。内定には、参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内が条件。大会前まで山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済みだった。

【決勝成績】
優勝 多田修平(住友電工) 10秒15
2位 デーデー・ブルーノ(東海大) 10秒19
3位 山縣亮太(セイコー) 10秒27
4位 小池祐貴(住友電工) 10秒27
5位 桐生祥秀(日本生命) 10秒28
6位 サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC) 10秒29
7位 柳田大輝(東京農大二高) 10秒41
8位 東田旺洋(栃木スポ協) 10秒42

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集