[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子100mが予想外の幕開け サニブラウンら9秒台3人が5~7番手、ケンブリッジ準決敗退

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、山縣亮太が10秒16(無風)の全体トップで決勝進出。史上最もハイレベルな争いが予想されたが、波乱が続出した。上位8人による決勝は25日午後8時30分に行われる。

10秒30で決勝進出を決めたサニブラウン・ハキーム(左)【写真:奥井隆史】
10秒30で決勝進出を決めたサニブラウン・ハキーム(左)【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権男子100mは波乱続出

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が24日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、山縣亮太が10秒16(無風)の全体トップで決勝進出。史上最もハイレベルな争いが予想されたが、波乱が続出した。上位8人による決勝は25日午後8時30分に行われる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 6日に9秒95の日本新記録を樹立した山縣は、持ち前の安定感を発揮した。好調の多田修平も10秒17の2番手で通過。しかし、予想外の展開が起きた。9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキームは得意の後半に巻き返せず、10秒30の1組3着。東京農大二高の栁田大輝が先着すると、スタンドではどよめきが起きた。サニブラウンは他の組の結果を待った上で冷や汗をかく7番手での通過となった。

 東海大のデーデー・ブルーノが10秒21で4番手に割って入り、右アキレス腱痛を抱えた桐生祥秀が10秒28で5番手、小池祐貴が10秒35の6番手となった。自己ベスト9秒98の2人はなんとか決勝進出。東田旺洋(栃木スポ協)が10秒35で8番手に滑り込んだ。

 自己ベスト10秒03のケンブリッジ飛鳥は、まさかの準決勝敗退に終わった。3組で最も不利となる向かい風0.9メートルで組5着の10秒44。ここまで世界陸連の定めた期間内に五輪参加標準記録10秒05を切っておらず、他の選手とは異なるプレッシャーのかかる大会。16年は優勝でリオ五輪出場を決め、4×100メートルリレーでは史上最高の銀メダル獲得に貢献したアンカーが個人種目での代表入りが消滅した。

 山縣は「明日の決勝1本に出しきるつもりでぶつけていきたい。もう本当にここで全てが決まるレースになる。とにかく悔いがないように自分のレースに集中して思い出に残る日になればいいなと思います」とコメント。2年ぶり大会出場のサニブラウンは「日本選手権のレベルが上がってますね」と振り返った。

 桐生は「アキレス腱は何をしていても、歩いていても痛い。2本終わったので、決勝は今日よりは思い切って行けると思う」と切り替えた。参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内に入れば内定。すでに山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済み。3枠の代表権はこの5選手から生まれるのか、それとも新たに参加標準記録を切る選手が現れるのか。

【決勝進出者】
山縣亮太(セイコー)、10秒16(無風)
多田修平(住友電工)10秒17(-0.4m)
デーデー・ブルーノ(東海大)、10秒21(-0.4m)
栁田大輝(東京農大二高)、10秒22(無風)
桐生祥秀(日本生命)、10秒28(-0.9m)
小池祐貴(住友電工)、10秒35(-0.9m)
サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、10秒30(無風)
東田旺洋(栃木スポ協)、10秒35(-0.9m)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集