[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「全て兼ね備えている」 “息できなかった”ダスマリナス脱帽「凄い衝撃」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。敗れたダスマリナスは試合後に井上に対して脱帽している。米専門メディア「ファイトハイプ」の公式YouTube内で語っている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:Getty Images】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥はマイケル・ダスマリナスに3回TKO勝ちした【写真:Getty Images】

3度ダウンのダスマリナス「井上を見失い、防御できなかった」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。敗れたダスマリナスは試合後に井上に対して脱帽している。米専門メディア「ファイトハイプ」の公式YouTube内で語っている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 井上に対して、何もさせてもらえなかった。ダスマリナスは2回にダウンを奪われると、3回。残り40秒頃に再度左ボディーを打ち込まれ、その場に転がった。被弾した脇腹付近を手で押さえ、苦悶の表情。何とか踏ん張って立ち上がったが、再開直後に再度左ボディーを食らい、3度目のダウン。もはや試合続行は不可能だった。

 初の世界挑戦で散ったダスマリナス。試合後は井上についてこう振り返っている。「ナオヤ・イノウエは素晴らしかった」と素直に称え、3度ダウンさせられたパワーについては「凄い衝撃だった。防御できず、息ができなかった」と脱帽だった。

 さらに「パンチが来るのが見えなかったか」という質問には「彼(井上)を見失い、防御できなかった」と話し、「今まで受けた中で最強のパンチだったか」という問いには「もう一つの負けもボディーショットで倒された。今回のものに似ていた」と振り返っている。

 パワー以外についても「イノウエはトータルパッケージ(全て兼ね備えている)。スピード、パワー、異なるタイプの動きやスキルを持っている」と絶賛。一方で、8月14日に拳を交えるWBC王者ノニト・ドネアとWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の勝者との井上戦を展望については「(ドネア×カシメロ勝者が勝てる)可能性はあると思う。いい試合ができると思う」とも話している。

 圧倒されたダスマリナス。井上の才能を身をもって感じたようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集