[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に23号被弾 敵軍右腕はお手上げ「悪い球じゃなかった」「彼は力強かった」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席でシーズン自己最多でメジャートップタイの23号2ランを放つなど、4打数1安打2打点。これで6戦6発と勢いが止まらないが、被弾した相手投手も「あれは決して悪い球じゃなかった」「彼は本当に力強かった」などとコメント。脱帽するしかなかったようだ。AP通信が伝えている。

第3打席で23号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第3打席で23号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

タイガース右腕マイズ脱帽「ストライクゾーンの底を捉えられ…」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のタイガース戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席でシーズン自己最多でメジャートップタイの23号2ランを放つなど、4打数1安打2打点。これで6戦6発と勢いが止まらないが、被弾した相手投手も「あれは決して悪い球じゃなかった」「彼は本当に力強かった」などとコメント。脱帽するしかなかったようだ。AP通信が伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ベストピッチに近い球を、完璧に捉えたのだからさすがだ。2点を追う5回1死二塁で迎えた第3打席。大谷は右腕マイズの低めぎりぎりに沈む85マイル(約137キロ)スライダーにバットをぶつけた。巧く拾い、舞い上がった打球はバックスクリーンへ。大谷は右手を突き上げ、雄叫び。3戦連発。そして6戦で6発と驚異的なペースで本塁打を量産。23号弾で両リーグトップに並んだ。

 AP通信は打たれたマイズと、タイガースのAJ・ヒンチ監督のコメントを伝えている。

「あれは決して悪い球じゃなかった」とマイズは話し、「ストライクゾーンの底で捉えられた。……彼は多分あれ(スライダー)を狙っていたんだと思う。もしあれを打たれていなければ、あの打席は違う形で終わっただろう。でもストライクゾーンの底を捉えられ、彼は本当に力強かった」と続けている。マイズ自身も手応えのある1球だったが、それを打たれた大谷を称えるしかなかった。

 大谷は2点を追う延長10回2死二塁で迎えた打席では、勝負を避けられストレートの四球だったが、ヒンチ監督はこう振り返っている。

「オオタニはひとつのことだけを考えていただろうから、危険な打席だった。マイケル(フルマー)はミスを犯さなかった」

 実際にフルマーは続くウォードを三振に打ち取り、試合を締めくくっている。今最も危険な男との対戦を避けた決断を、指揮官は支持していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集