[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季メジャー最速166km! 人類最速左腕の浮き上がる剛速球に米衝撃「想像できない」

米大リーグ、ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が19日(日本時間20日)のアスレチックス戦の9回に登板。今季メジャー最速となる103.4マイル(約166.4キロ)を計測し、今季15セーブ目を記録した。MLBのスタッツを専門に扱う「MLBスタッツ」公式ツイッターが実際の1球を動画付きで公開すると、「信じられない」「衝撃的」などと米ファンに衝撃を与えている。

チャップマンがメジャー最速となる166.4キロを投じた【写真:AP】
チャップマンがメジャー最速となる166.4キロを投じた【写真:AP】

ヤンキースのクローザー・チャップマンが今季MLB最速を計測

 米大リーグ、ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が19日(日本時間20日)のアスレチックス戦の9回に登板。今季メジャー最速となる103.4マイル(約166.4キロ)を計測し、今季15セーブ目を記録した。MLBのスタッツを専門に扱う「MLBスタッツ」公式ツイッターが実際の1球を動画付きで公開すると、「信じられない」「衝撃的」などと米ファンに衝撃を与えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 浮き上がるような軌道でキャッチャーミットに収まった。9回2死一、三塁。左腕チャップマンが投じた103.4マイルの剛速球は外角高めへ。対峙したアスレチックスの主砲マット・チャップマンのバットは空を切る。今季メジャー最速の1球で試合を締めくくったサウスポーは表情を変えることなく、マウンド上で仁王立ちしていた。

 この1球についてMLB公式サイトのマーティン・ガリェーゴス記者は自身のツイッターで「チャップマンは103.4マイルを投じたが、今季ここまでのMLB最速の球だ」と紹介。さらにMLBスタッツの公式ツイッターは「チャップマンが166.4キロで試合を終わらせた。チャップマンにとって2017年ア・リーグのワイルドカードゲーム以来最速」と記し、実際の動画を公開すると米ファンからは驚きの声が上がっている。

「信じられない」
「衝撃的」
「最高だ」
「打席からどんな感じなのか、想像すらできない」
「イケてるね」
「この質だよ」

 人類最速105.1マイル(約169.1キロ)のギネス記録を持つチャップマン。この日は1点を失ったが、今季は28試合に登板し4勝2敗15セーブ、防御率2.05と安定した成績を残している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集