[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥とは「友達」だが…38歳ドネアは闘志メラメラ「お互いベルトを求めている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦に臨む。モンスターの激励に訪れたWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、改めてリベンジマッチを熱望している。米メディア「ファイトハイプ.com」公式YouTubeが報じている。

井上尚弥と再会したドネアが再戦の意欲を語った【写真:Getty Images】
井上尚弥と再会したドネアが再戦の意欲を語った【写真:Getty Images】

ダスマリナス戦に臨む井上をドネアが激励

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦に臨む。モンスターの激励に訪れたWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、改めてリベンジマッチを熱望している。米メディア「ファイトハイプ.com」公式YouTubeが報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 運命の再会だ。米国の会見場で井上がメガネ姿のドネアを見つけると、笑顔で歩み寄る。グータッチで挨拶した後は2ショット撮影。ドネアが自身のWBCベルトを肩にかけると、井上は満面の笑みで奪う素ぶりを見せた。ドネアも隠すようにしてお茶目に対抗。最後に一礼したドネアが「ありがとう! ガンバッテ!」と日本語で激励した。

 実際の映像を「ファイトハイプ.com」が公開。紳士ぶりを見せつけたドネアは「もう一回対戦? リマッチか?」との問いに「イエス」と即答。そして、井上とダスマリナスの一戦についての質問に応じた。

「ボクシングの世界ではどんなことも起こり得る。以前、私が最初にダルチニアンと戦った時には、誰もが勝機ゼロと言っていた。番狂わせの可能性は存在する」

 2007年、IBF世界フライ級王者ビック・ダルチニアン(オーストラリア)を倒して王座獲得したドネアだが、当時の自分自身の下馬評の低さを振り返りながら、ボクシングの世界に絶対はないと主張している。

 ドネアは、井上と2019年のWBSSバンタム級決勝で対戦。死闘の末、判定負けを喫している。「みんな見たと思うけれど、彼は私のベルトを掴もうとした。私も彼のベルトを掴み取りたい。我々はいい友達で、彼のことはリスペクトしている。でも彼と私の関係とはまた別なんだ。お互い大きな敬意を抱いているが、どちらもベルトを求めている」とリベンジマッチに意欲を示していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集