[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥をパッキャオの好敵手も絶賛 「あんなの見たことない」「パンチはより精確」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナスとの防衛戦に臨む。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社が興行用のプロモーションビデオを公開。映像に登場した元2階級制覇王者ティモシー・ブラッドリー氏(米国)は「パッキャオ以来あんなスピードとパワーは見たことがない」などと絶賛している。

井上尚弥(左)【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)【写真:Getty Images】

元2階級制覇王者ブラッドリー氏「彼は何も言わない」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナスとの防衛戦に臨む。プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社が興行用のプロモーションビデオを公開。映像に登場した元2階級制覇王者ティモシー・ブラッドリー氏(米国)は「パッキャオ以来あんなスピードとパワーは見たことがない」などと絶賛している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 モンスターの実力を認めた。米興行大手・トップランク社公式ユーチューブチャンネルでは、井上がナルバエス、ドネア、ロドリゲスなど強敵たちを次々と葬り去る爽快な場面や、目が真っ赤になった井上が“ベガス襲来”する様が表現されたPVを公開。23分を超えるロング動画の中で、絶賛している識者の1人がブラッドリー氏だった。

 現役時代にスーパーライト級とウェルター級の2階級を制覇した同氏は、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のライバルとして知られ、3度の対戦で1勝2敗。パッキャオの1度目の引退試合となった16年の第3戦で判定負けし、現役引退している。井上の性格について「最も声が大きく、騒がしいからといって最強だとは限らない。自分は多くを口にしない選手を恐れてきた。彼(井上)はそんな男だ。彼は何も言わないんだ」と語った。

 同氏は井上とパッキャオを比較。「パッキャオ以来あんなスピードとパワーは見たことがない。パッキャオと初めて戦った時、飛んでくるパンチが風を切る音が聞こえたんだ。イノウエ(のパンチ)も同じだと確信をもって言えるね」と、スピードとパワーの両面を絶賛した。

 井上がパッキャオに勝っていると感じる部分については「イノウエはパッキャオよりテクニカルな選手だと思う。彼のパンチはより精確。正しいタイミングで正しい量のパンチを放つ。並外れたことだ」と評価していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集