[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃の速度186km弾 米実況席も思わず笑う「ボール片側へこんでるでしょう」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。8回の第4打席で、6試合ぶりとなる今季18号ソロを放った。飛距離429フィート(130.75メートル)、打球速度115.8マイル(186.36キロ)の豪快な一撃。思わず笑い声も漏れた現地実況席からは「誰かボールを捕りに行かなきゃ。片側へこんでるでしょうから」などとジョークも飛んでいた。

8回の第4打席に、6試合ぶりとなる今季18号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
8回の第4打席に、6試合ぶりとなる今季18号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦で6試合ぶり18号

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、アスレチックス戦に「2番・DH」で出場。8回の第4打席で、6試合ぶりとなる今季18号ソロを放った。飛距離429フィート(130.75メートル)、打球速度115.8マイル(186.36キロ)の豪快な一撃。思わず笑い声も漏れた現地実況席からは「誰かボールを捕りに行かなきゃ。片側へこんでるでしょうから」などとジョークも飛んでいた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 もはや笑うしかない。8回、大谷は左腕ルサルドの98マイル(157.71キロ)を打ち砕いた。凄まじい打球は、あっという間に右翼席へ。打たれたルサルドもすぐに諦めた様子を見せた。リーグトップのブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差と迫る18号ソロ。大谷も手応え十分だったのか、スイング後は悠々と打球を見送っていた。

 実際の本塁打映像を、米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。笑い声も漏れていた現地の実況席では「誰かボールを捕りに行かなきゃ。片側へこんでるでしょうから」とジョークも飛んでいた。

 解説者は「この打球ははるか遠くへものすごい速さで飛んで行きました。打球速度115.8マイルですよ」とビックリ。これに実況者も「今どれくらい速かったか聞こうかと思っていたところでした。我々は、この打球の強烈さに大して、すでに鈍感になってしまっているかもしれません」と、大谷の打球の強烈さがもはや見慣れたものになりつつあることを表現していた。大谷は4打数1安打1打点。チームは4-6で敗れ、2連敗となった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集