[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、フライング失格から1か月ぶりレース 「あれは0秒01更新のため。プラスに」

陸上の布勢スプリントは6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われる。東京五輪が迫る中、5日は男子100メートルに出場する桐生祥秀(日本生命)が会見。最大3枠の五輪切符を争う24日開幕の日本選手権(大阪)を見据えた大会で力走を誓った。

力走を誓った桐生祥秀【写真:浜田洋平】
力走を誓った桐生祥秀【写真:浜田洋平】

陸上・布勢スプリント

 陸上の布勢スプリントは6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われる。東京五輪が迫る中、5日は男子100メートルに出場する桐生祥秀(日本生命)が会見。最大3枠の五輪切符を争う24日開幕の日本選手権(大阪)を見据えた大会で力走を誓った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 桐生は冷静な心境を明かした。「ここの競技場ではボチボチのタイムを出している。良い調子だと思います」とコメント。日本歴代2位の自己ベスト9秒98の更新へ、こう続けた。

「もちろん、いつも日本記録を更新してやろうと思っている。僕は自己ベストなら日本記録なので狙っていきたい」

 今季は3月の日本室内選手権60メートルに出場したが、左膝裏の違和感で決勝を棄権。4月11日の出雲陸上は大事をとって欠場した。同29日の織田記念国際は10秒30(追い風0.1メートル)で3位。5月9日の五輪テスト大会は、予選でまさかのフライングによる失格となっていた。

「0秒01更新しようと思ってフライングをした。反省というよりそれを冷静に考えてプラスにしようとしている。それで気持ちが落ちるということはないです。体が硬くなることもプラス。普段の生活でそれを味わうこともないし、それを感じられることがいいこと。いつも通り自分の調整に合わせてやってきた。今季はちゃんと走れたのは1試合。明日の大会が凄く楽しみです」

 9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキームは不在だが、小池祐貴(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)と豪華メンバーが集結。サニブラウン、桐生、小池だけが東京五輪の参加標準記録10秒05を突破している。

 五輪切符争いのクライマックスとなるのが日本選手権。「今回が終わったら日本選手権。その前哨戦なのでいい緊張感を持ってスタートに立てると思う。これだけのメンバーが揃っているので、油断なくスタートラインに立てると思う。自分にとってもプラスになる」と歓迎した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集